3歳でピアノ教室に通わせる前に知っておいてほしいこと

3歳でピアノ教室に通わせる前に知っておいてほしいこと

こんにちは!所沢市小手指南の「みやもとピアノ教室」の宮本理恵です。

今日は、「うちの子も3歳になったしそろそろピアノを‥」とお考えの保護者さまへ。

3歳のお子様をピアノ教室へ通わせる前に知っておいてほしいことを、細かくご紹介いたします。

3歳さんといえば、自我と自信に満ちあふれた、自立の時!

身体的にも発達してきて、歩く、走る、ジャンプなど、活発に動きます!

社会性が少しずつ芽生え、お友達とごっこ遊びするようになったり、先生との会話のやりとりも上手になってきます。

クレヨンを握ってまるを描く、ハシやハサミを使うなど、指先のコントロールが上手になります。

数、数字の認識が少しずつできるようになります。

できることが多くなってきた3歳さんは、自分の力で楽しみながら音楽体験していくのが一番!

遊んでいる感覚で自然に、音感、リズム感と、ピアノに必要な知識を身につけていきたいです。

3歳のピアノレッスンこそ気をつけたい、教室選び

本格的にピアノを習い始めるためには

数、数字、色、形、強い、弱い、高い、低いなどの知的認識

お話を聞く、質問に答えられるなどの、コミュニケーション能力

この二つを身につけていく必要があります。

たとえば、音にも大きい、小さい、高い、低い、長い、短い、があるということ。

大人にとっては理解できて当たり前のことですが、3歳さんにとっては、一つ一つ確認していく必要があります。

ピアノの鍵盤上だと、左から右に向かって音が高くなり、楽譜上だと下から上に高くなる。これを、絵を見たり、書いたりして、楽しみながらくりかえし教えます。

まずは音の高低、鍵盤の高低、楽譜の高低。この3つ全てを結びつけてあげることが大切です。

もしもピアノの先生が、この行程を省いて、いきなり楽譜を使ったレッスンをすると、どうなるでしょうか。

わからない→できない→つまらない→練習しない→保護者さまがピアノが向いていないと思い始める→たった1〜2年でピアノレッスンを辞めてしまう

心も体も感覚も柔らかな幼児さんが、こんな早いタイミングでやめてしまうのは、本当にもったいないのです!

だからこそ、当教室では、聴覚と身体の発達に合わせたリトミックで、音感とリズム感を。指先を使った遊びや、音楽遊びで、形、色、数、音の大小、高低など、知的要素を。ひとつひとつ確認しながら身につけていきます。

楽しいレッスンなので、まるで遊んでいるみたいで、遠回りに感じるかもしれません。

まずは音楽を好きになることが大切。好きこそものぼ上手なれ。その後のピアノのレッスンが、よりスムーズになるのです。

想像してみてください。もしもピアノの鍵盤が1.6倍だったら‥

ピアノの鍵盤の大きさは、3歳児にとって大人の1.6倍、4歳児にとって大人の1.4倍の幅に相当します。

幼児さんの指の力は、大人の半分もありません。

ピアノの音を出すためには、私たち大人が想像する以上の力を、必要とするのです。

そんな状態で「もっといい音を出して」などと言っても、それは無理なことなのです。

1の指で「ド」がここで‥という、型に入れたレッスンではなく、グーの手でピアノの即興演奏したり、人差し指で優しく雨の音を鳴らしてみたり‥

幼児が幼児らしく、楽しく音楽を学ぶことを大切にすべきです。

ややこしい付点(スキップ)のリズムも、「お馬さんになって走ってみよう」と言えば、お馬さんになりきれるのが3歳児!理屈などまだ必要ありません。

音楽は楽しいもの!どうか、ピアノ弾くことだけにとらわれないでほしい!

3歳児、具体的なレッスンの流れをご紹介

当教室でのレッスンの流れをご紹介します。

はじめのうちは、レッスン中は保護者様にもご見学いただきます。生徒さんが安心できるからです。

レッスンに慣れてきますと、私と一対一でのやりとりができるようになっていきます。

3歳さんは、積極的に何でもやりたがる時期。楽器の出し入れ、シール貼りなど、自主性を育むため自分でやってもらいます。

レッスン内容 その目的と効果

♫ピアノや打楽器の音に合わせて、体を動かす、歩く、ゆれる、ジャンプ!スキップ!

音楽の基礎であるビート感(拍感)を身につけます。集中力も身に付きます。

ビート(拍)に加え、2拍子、3拍子、4拍子の拍子感も身につけます。

音楽に合わせてイメージ活動

「今日はすべりだいで遊ぼう!階段を登ってからすべるよ!」

3歳さんがイメージしやすい体験から、音の高低→鍵盤の高低へと結びつけていきます。心と身体のコントロール、想像力、コミュニケーション能力など、非認知能力も高めます。

♫ピアノで思いっきり遊んでみよう

3歳さんは骨格がしっかりしてきますので、少しの時間なら椅子に座ってピアノの音を出すことができます。

「すべりだいの階段を、登って、降りて」

実際にピアノの音に出して、鍵盤上の音の高低を体験します。

まだ弾きたがるようなら、リズムを決めて即興演奏や、簡単なフレーズも真似して弾くことができます。

♫絵本の読み聞かせや、ピアノの演奏を聴こう

「きちんと話を聞ける」能力は、これからの学習面においても重要な要素!まずはママがリラックスしてのんびりと聴いてください。

♫ピアノに必要な知識も遊びながら覚えよう

イメージで物事を捉える3歳さん。数、数字、色、形、強い、弱い、高い、低いなど、具体的に教具を使って体験し、視覚的にアプローチしていきます。

そしてもう一つ‥

「ピアノを始めるなら早い方がいいらしいから、本格的にピアノのレッスンを‥」と思われる保護者さまは、きっとたくさんいらっしゃると思います。

たしかに、ピアノを早くうちから始めると、聴覚的にも、脳科学的にも、より影響が大きいことが証明されています。

けれど、それは、学術的な話。脳科学的な話。

まずは、実際に習うお子様の成長段階をよく見て。何よりも、お子様の気持ちを大切にしたいと思います。

当教室のピアノdeクボタメソッドコースは、2歳から無理なく楽しく始められます。

集中力、記憶力、思考力が身につき、やがてピアノがスムーズに上達する画期的なコース。しかもご自宅で練習させなくていい!

平日は午前中10時〜レッスン可能です。

夕方の枠もございますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

クボタメソッドの詳しい内容はこちらからどうぞ。