3歳〜4歳でピアノレッスン、本当にできますか?

3歳〜4歳でピアノレッスン、本当にできますか?

こんにちは!宮本理恵です。

3歳〜4歳といえば、幼稚園入園前後から年中さんくらいのタイミングですね!

「そろそろピアノを習わせたいけれど、先生のお話が聞けるか心配だし、集中力が持たないし、練習させる自信がない」と、レッスンを躊躇されている保護者様へ。

3歳〜4歳さんがピアノのレッスンを受ける際、知っておいてほしいポイントをご紹介します!

そもそも、30分集中力はもちません

ピアノ教室のレッスン時間は、30分というところが一番多いと思います。

けれど、幼児さんはそもそも、集中力はもちません。

以前、小学生の自宅での勉強時間について、「学年×10分」という試算を聞いたことがあります。ということは、小学3年生で、やっと30分なのです!

でもこれは「ひとつのことに対して、集中力がもたない」と捉えたほうがよいでしょう。

たとえば、幼児向けのテレビ番組は、数分でコロコロと、内容や場面が変わります。幼児さんはずっと、テレビに釘付けではないでしょうか?

これと同じで、ピアノレッスンも、飽きて嫌になる直前に、他の楽しそうなことに切り替えていけばよいのです。

ピアノを弾く前に、確認したいことあります

本格的にピアノレッスンを受けるためには、指先の発達、ソルフェージュ力、色や形、数や量の認識、楽譜を読むための理解や知識、そして、先生のお話を聞いて答えるコミュニケーション能力など、さまざまな能力が必要です。

3歳〜4歳の幼児さんは、まだ経験が少ないですから、まずは、これらをどこまで理解しているか、ひとつひとつ確認していくことが重要です。

早くピアノを弾いてほしい、早く楽譜を読めるようにしてほしい‥と思う保護者さまのお気持ちもよくわかりますが、その子の成長段階を置き去りにしてしまってはいけません。

生徒さんの理解度を確認せずに、どんどんレッスンを進めてしまうと、「先生の言ってることがよくわからない、つまらない、ピアノ好きじゃない」という、悲しい結果になってしまいます。

なのでレッスンでは、全くピアノと関係ないようなことも、楽しみながら取り入れ、一人一人の発達段階を確認しながら、レッスン進めていきます。

この「楽しみながら」が大切です。幼児さんは、遊ぶことで学んでいくのです!

具体的に、一人一人に合わせたレッスンとは

♪3歳の女の子 Aちゃん

お話がよく聞けて、音楽を素直に楽しんでくれますが、指の力が弱く、まだピアノの音がしっかりならせません。

なので、グーの手でピアノを即興演奏して、連弾を楽しみます。鍵盤上の音の大小と高低を、大まかに理解させます。

その後は、リトミックでリズムのまねっこあそびをしました。これはリズム感だけでなく、記憶力、体のコントロール力を養います。

その後は集中力が切れたので、パズルで遊びました。パズルは、言葉だけでヒントを伝えます。教えすぎないことがポイント。

Aちゃん、集中してどんどん課題をクリアし「もっとやる!」と言ってくれました。

♪3歳の女の子 Bちゃん

Bちゃんは、動くことが好きなのですが、好きなことしかやりたくないタイプです。

まずはドレミの音階を歌おうとしましたが、今日は気分が乗らないようです。

そこで、画用紙とクレヨンを出しました。Bちゃんは絵を描くのも好きなので、今日は「音に合わせて、線を描く、止まる」に変更しました。

まずは、Bちゃんにトライアングルで音を出してもらって、私が描いてみせます。そして今度は、私がピアノで音を出して、それに合わせて描いてもらいました。すっかりご機嫌になったBちゃんに「今度は先生が描くから、ピアノで音を出してみて」と、ピアノへと誘導します。

♪4歳の男の子 Cくん

ピアノは好きだけど、先生に主導権をとられたくないタイプです。

なので、本人のやりたいことからレッスンします。Cくんは真っ先にピアノに向かい、自由に弾きました!

こういう時「そんなデタラメに弾いてないで‥」などと叱らないでほしいです。教室はグランドピアノですから、自宅の電子ピアノとは違います。

ピアノの好きなCくんなら、その音色、タッチの違いを、耳で、指先で感じてくれているはず。

その後、指一本で、ドレミの音階を弾いてくれました!「すごい!今度はこの指も使ってみて」と、正しい指使いへ誘導します。

さらに、「チューリップ」を弾いてくれました。「じゃ、今度は黒いチューリップも弾ける?よく見ててね!」と言って、黒鍵で「チューリップ」にチャレンジしました。先生の弾く手を見て、音を聴いて、覚えて弾く。ピアノdeクボタメソッドへと誘導します。

幼児期のピアノレッスンでは、「楽しい」「これやりたい」という気持ちを肯定するのが、最も大切だと考えています。肯定してあげることで、こちらの要望も快く聞いてくれるようになるのです。

幼児さんは感覚、感情で生きています

幼児さんは、感覚、感情で物事を捉えて生きています。

だから、やりたくないことはやりませんし、お腹が空けば機嫌が悪くなるし、眠たければぐずりますし、つまらなければ「帰る」と言います。

それでも、3歳〜4歳といえば、聴覚が飛躍的に発達するので、音感を身につけるには最適な時期。このタイミングを逃してはもったいない。

感覚、感情で生きている時期だからこそ「ピアノ大好き!音楽大好き!先生大好き!」と思ってもらえたら、その後の音楽人生が、明らかに変わってきます。

今日もレッスンに来てよかった!を目標に

疲れている時も、眠たい時も、もっと遊びたい時も。どんな時でも生徒さんは、がんばってレッスンに来てくれています。

そんな生徒さんに「今日もレッスンに来てよかった!楽しかった!」と思ってもらいたい。

楽しいレッスンを通じて、音楽を好きになってほしい。たとえ一時ピアノをやめたとしても、自分の意志で再開して、自分の力で、音楽の世界を広げていってほしい。

みやもとピアノ教室、2歳からのピアノdeクボタメソッドコースとピアノコース、無料体験レッスン実施中!

2歳からのピアノdeクボタメソッドコース、詳しくはこちらからどうぞ!

ピアノコース、詳しくはこちらからどうぞ!