3歳、4歳でピアノを習わせるなら知っておいてほしいこと

3歳、4歳でピアノを習うなら知っておいてほしいこと

こんにちは!宮本理恵です。

3歳、4歳といえば、幼稚園入園前後から、年中くらいのタイミング!

「そろそろピアノを習わせたいけれど、先生のお話が聞けるか心配だし、集中力が持たないし、練習させる自信がない」

と、ピアノのレッスンを躊躇されている保護者様へ。

3歳〜4歳さんからピアノのレッスンを受ける前に、知っておいてほしいポイントを、ご紹介します!

そもそも、30分集中力はもちません

ピアノ教室のレッスン時間は、30分というところが一番多いと思います。

けれど、幼児さんはそもそも、30分集中力はもちません。

以前、小学生の自宅での勉強時間について、「学年×10分」という試算を聞いたことがあります。

ということは、小学3年生で、やっと30分!

でもこれは「ひとつのことに対して、集中力がもたない」と捉えたほうがよいでしょう。

たとえば、幼児向けのテレビ番組は、数分単位で内容や場面がコロコロと変わります。幼児さんは、テレビに釘付けではないでしょうか?

これと同じで、ピアノレッスンも、飽きてイヤになる直前に、楽しそうな他のことに切り替えていけばよいのです。

ピアノ教室の体験レッスンの際、幼児さんに30分間ずっと、ピアノの椅子に座らせてレッスンをする教室は、幼児さんのレッスンが得意ではないのでは?と感じます。

逆に、ピアノの先生が、手を替え品を替え、あらゆる角度から楽しく音楽的アプローチをしてくれていたら、きっと幼児の指導が上手な先生でしょう!

もしもピアノの鍵盤が、1.6倍の大きさだったら

ピアノの鍵盤の大きさは、3歳児にとって大人の1.6倍、4歳児にとって大人の1.4倍の幅に相当します。

これでは「ドレミ」と弾くだけでも、鍵盤に指を思いっきり押し込まなければいけないことが想像できます。

幼児さんの指の力は、大人の半分もありません。

ピアノの音をたった一つ出すだけでも、大人が想像する以上の力を必要とするわけです。

だからこそ、3歳さんのピアノレッスンは、グーの手でピアノの即興演奏したり、人差し指でぽつんぽつんと、優しく雨の音を鳴らしてみたり‥幼児が幼児らしく、楽しく音楽を楽しむことが大切です。

音楽は楽しいもの!ひたすらピアノ弾くことだけにとらわれないでほしい!

ピアノを習う前に、確認したいことあります

本格的にピアノレッスンを受けるためには、

椅子に座って姿勢を保つことと、指を動かすことなどの、身体的な発達

色や形、数や量の知的認識、楽譜を読むための、上下、左右の理解や知識

先生のお話を聞いて答えられる、理解力、コミュニケーション能力、語彙力など。

3歳、4歳の経験の少ない生徒さんの、発達、理解度を一つ一つ見極めながら、適切な指導をしていくことが大切です。

「早くピアノを弾けるようになってほしい。早く楽譜を読めるようにしてほしい。」

と思う保護者さまのお気持ちもよくわかりますが、その子の成長段階を、置き去りにしてはいけません。

生徒さんの理解度を確認せずに、どんどんピアノのレッスンを進めてしまうと

「先生の言ってることがよくわからない→レッスンがつまらない→ピアノ、好きじゃない」

という、悲しい結果になってしまいます。

3、4歳のピアノレッスンでは、ピアノと全く関係ないようなことも、遊び感覚で取り入れ、一人一人の発達段階を確認しながら、レッスン進めていく必要があります。

この「遊び感覚」が大切です。なぜなら幼児さんは、遊ぶことで学んでいくのです!

3、4歳におすすめのピアノレッスンとは?

3歳、4歳におすすめの、「遊んでいる感覚」のピアノレッスンとは?

具体的にどのようなピアノレッスン方法があるのか、一部ご紹介いたします。

♪3歳の女の子 Aちゃんの場合

お話がよく聞けて、音楽を素直に楽しんでくれますが、指の力が弱く、一本指ではピアノの音がしっかりならせません。

なので、グーの手、パーの手で、ピアノを即興演奏して、ピアノの連弾を楽しみます。

ペダルもつけてあがれば、早いうちからピアノの奥深い音色を体験することができます。

黒鍵が2つのところ、3つのところ(数の理解)、鍵盤の高低、音の強弱、リズム、拍など、音楽的、知的要素も理解させることができます。

先生とピアノでまねっこ遊びをすれば(模倣奏)記憶力、暗譜力を身につけることができます。

♪3歳の女の子 Bちゃんの場合

Bちゃんは、動くことが好きなのですが、好きなことしかやりたくないタイプです。

まずはドレミの音階を歌おうとしましたが、今日は気分が乗らないようです。

そこで、画用紙とクレヨンを出しました。Bちゃんは絵を描くのも好きなので、今日は「音に合わせて線を描く、止まる」に変更しました。

まずは、Bちゃんにトライアングルで音を出してもらって、私が音に合わせて線を描いてみせます。

今度は、私がピアノで音を出して、Bちゃんに線を描いてもらいました。

すっかりご機嫌になったBちゃんに「今度はピアノで音を出してみて」と、ピアノへと誘導します。

本人の意志を尊重しつつ、ピアノのレッスンへと誘導することが大切です。

♪4歳の男の子 Cくんの場合

ピアノは好きだけど、先生に主導権を握られたくないタイプです。

なので、本人のやりたいことからレッスンします。

Cくんは真っ先にピアノに向かい、自由に弾きました!

こういう時「そんなデタラメに弾いてないで‥」などと叱らないでほしいです。教室はグランドピアノです。自宅の電子ピアノとは違う響きを楽しんでいるのです。

その後、指一本でドレミの音階を弾いてくれました。

「すごい!今度はこの指づかいもやってみて」と、正しい指使いに誘導します。

そのあとCくんは「チューリップ」を弾いてくれたので

「今度は黒いチューリップも弾ける?先生が弾いてみるから、よく見ててね!」

先生の弾く手を見て、音を聴いて、覚えて弾く。ピアノdeクボタメソッドへと誘導します。

3歳、4歳さんの「楽しい」「これやりたい」という気持ちを、先生が肯定してあげることが最も重要です。肯定してあげることで、先生が大好きになり、先生の要望も、快く受け入れてくれるようになるのです。

幼児さんは感覚、感情で生きています

幼児さんは、感覚、感情で、物事を捉えて生きています。やりたくないことは、やりません。

お腹が空けば機嫌が悪くなるし、眠たければぐずりますし、つまらなければ「帰る」と言います。

それでも、3歳〜4歳は、聴覚が飛躍的に発達するので、音感を身につける黄金期です。このタイミングを逃してはもったいない!

感覚、感情で生きている時期だからこそ「ピアノ大好き!音楽大好き!先生大好き!」と思ってもらえれば、その後の生徒さんの可能性が、明らかに変わってきます。

雨の日も、疲れている時も、眠い時も、もっと遊びたい時も。生徒さんは、がんばってレッスンに来てくれています。

そんな生徒さんに「今日もピアノのレッスンに来てよかった!楽しかった!」と思ってもらえるように…

みやもとピアノ教室の「楽しいレッスンで、音楽を一生ものにする!」ための試行錯誤は、まだまだ続きます!

2歳からのピアノdeクボタメソッドコース、詳しくはこちらからどうぞ!