コンクールなんて無理と言う前に‥知ってほしいコンクールの意義

コンクールなんて無理と言う前に‥知ってほしいコンクールの意義

こんにちは!

所沢市小手指南のピアノ教室、みやもとピアノ教室講師の、宮本理恵です。カワイ音楽教室の講師をしています。

何を隠そう、私自身、コンクールに出場したことはありません。

カワイの講師になるまでは、コンクールなんて、特別な教育を受けてきた、才能のある人が競い合うもの‥と思っていました。

けれどカワイの講師になった今、私は、出場の基準を満たしている生徒さん全員に、コンクール参加要項をお配りしています。

そう!出場資格のある生徒さん、全員です!(カワイのグレードを取得した生徒さんや、所属している生徒さんです)

賞が狙えるような上手な生徒さんだけ‥ではありません。勝てそうな試合しかしない‥という主旨ではありませんし、実際フタを開けてみないと(参加してみないと)わからないのです。

もちろん参加していただくのは、ご本人が「出たい!」ご家族が「出したい!」と希望された方のみで、強制ではありません。

ピアノのコンクールも、歌のコンクールも!

コンクールと言っても日本にはたくさんのピアノコンクールがありますので、今回は、カワイのこどもコンクールに限りますが

カワイのこどもピアノコンクールのすばらしいところは、課題曲が常に新しく更新されており、子供らしさ、個性を大切にしていること。これはカワイ自体が重視していることです。

だから、進度やテクニックで引け目を感じる必要はありません。古典的なテクニックより、自由で音楽的な自己表現を要求されます。もしかしたら、バイエルのような古典的な教材だけを弾いている生徒さんは、現代的な作風の課題曲に、苦戦するかもしれません。

また、ピアノはまだまだだけど、ぜひチャレンジしたい!という意欲的な生徒さんには、歌のコンクールがおすすめです。ピアノと歌、両方チャレンジする方もいらっしゃいます!

特に歌は、羞恥心の芽生えてしまう前の幼い生徒さん(幼児さんや小学校低学年)におすすめです。実際、ステージで歌い終わった後も、「自分が一番上手だった!」とみんな大満足!自己肯定感のかたまりです!

大きなステージでスポットライトを浴びて、一生懸命に歌う生徒さんの姿は本当に感動的!

もしも賞をとれなかったら可哀想‥といった保護者様のご心配は、いらないのかもしれません。

コンクールの目的は、音楽的にも人間的にも成長すること

賞」という目標に向かって継続してやり抜く力。

本番で、他の人の演奏に惑わされず自分らしくパフォーマンスする精神力。

自分の結果を受け入れ、次に繋げようとする素直な心。

コンクールに参加することで生徒さんは、音楽的にも人間的にも驚くほど成長します。

過去には、歌のコンクール初出場にして見事入賞(次の大会に出場できる賞)を果たした生徒さんもいました。もちろん、悔しい思いをした生徒さんもいます。

賞をとれた子にも、残念ながら参加賞だった子にも、そこには必ず理由があり、たくさんの学びがあります。なぜ自分はこの賞だったのか?自分を客観的に見つめ直し、自分と向き合うことで、ステップアップすることができるのです。

コンクールの目標は賞をとることですが、目的は、目標に向かって、音楽的、人間的に成長することなのです。

初出場で入賞した生徒さんは、2年目は自信満々かと思いきや、プライドとプレッシャーで、メンタル面での戦いでした。なんとか目標を達成することはできましたが、続けて賞をとることの大変さを痛感させられました。

初出場で参加賞だった生徒さんは、結果発表後すぐに「また出たい!」と言ってくれました。初出場での反省を生かし、レッスンでは教材も増やし、一年計画で弱点を克服しました。また、本番でのパフォーマンスが上がるよう、日常でも人前で弾く機会を増やしてもらいました。その努力が功を奏したのか、2回目で賞をとりました。

もしも一回しかコンクールに出ていなかったら、これらの学びや喜びはなかったのです。

だからこそコンクールは、継続的に参加してほしいとお伝えしています。

もちろん、楽しいことばかりではありません

コンクールは、もちろん楽しいことばかりではありません。

過去には、コンクールの演奏後、結果発表の前に帰ってしまった生徒さんがいました。

居ても立っても居られない気持ち、よくわかります。けれど、逃げてはいけません。最後の最後で逃げてしまっては、コンクールが未消化で終わってしまう。

これまで精一杯がんばってきたのだから、どうか胸を張って、結果を受け止めてほしい。

後日生徒さんには「来年もコンクールも出場されるなら、どうか結果発表まで残ってください。結果を受け止めてこそコンクールです。その覚悟が必要です。」‥私も覚悟を持って、お願いしました。

その生徒さんはもう出ないかな、と心配しましたが、翌年、自分から「出る」と言ってくれました!

ありがたいことに、保護者さまもご納得してくださいました。

結果的に賞はとれませんでしたが、自ら覚悟を持ってコンクールに参加したこと、自分の結果を真っ直ぐ受けとめられたこと。本当にすばらしい成長だと思います。

その生徒さんは、中学生になってもピアノを続け、発表会でベートーヴェンやショパンを披露してくれました。

試練の時、コンクールの経験は必ず役に立ちます

子供が大人へと成長していく過程では、少しずつ少しずつ、試練が増えていきます。

運動会では順位がつき、テストでは点数がつき、成績は数値化され、受験では合否が分かれます。これからの長い人生、ずっと試練が続いていくのです。

人には個性があります。勉強の得意な子、絵の得意な子、スポーツの得意な子。子供の個性は様々です。

たとえば、人前で話すのが苦手な恥ずかしがり屋さんでも、ステージでは別人になれます。ピアノで思いっきり自己表現できるのです。

自分の好きな分野、得意な分野で1番を目指す。そんな機会があっても良いのではないでしょうか?

たとえ参加賞だったとしても、ステージで自分の力を存分に発揮できれば、それは自己肯定感と達成感につながります。自らの体験を通じて「自分はやればできるのだ」ということを、学んでいくのです。

感動がいっぱいのコンクール!ぜひ一緒にチャレンジしてみませんか?

みやもとピアノ教室、詳しいピアノコースの内容は、こちらからどうぞ