いつになったら「エリーゼのために」が弾けますか?

いつになったら「エリーゼのために」が弾けますか?

こんにちは!

所沢市小手指南のリトミック・ピアノ教室、みやもとピアノ教室の、宮本理恵です。

さて、日本で1番売れているピアノの楽譜と言えば、おそらくベートーヴェンの「エリーゼのために」ではないでしょうか?

私自身これまで、数えきれないくらいの生徒さんに「エリーゼのために」を指導させていただきましたし、もう想像できないほど弾いてきました。

この超有名な「エリーゼのために」を目標に、がんばっている生徒さんも多いと思います。

そして、「せめてエリーゼが弾けるようになるまでは、レッスンを続けさせたい」とお考えの保護者さまも多いのではないかと思います。

実際、子供がピアノを習い始めてから、どれくらいの年月で弾けるようになるのでしょうか?

個人差×先生の進め方の違いはあれど‥

私は現在、大手音楽教室の講師もしていますので、他の先生方と合同で、ピアノの発表会をしています。

ピアノの発表会では、毎年毎年それはもうたくさんの「エリーゼのために」を聴くわけです。

それでは、だいたい何歳くらいの子が弾いているかというと、10歳〜11歳くらいが一番多い、という印象です。

10〜11歳といえば、バイエルやブルグミュラーなど、一つの基礎教本が終わる時期。

そして、身体が大きくなってペダルが踏めるようになり、1オクターブがなんとか掴めるようになる時期です。

YouTubeやネット上では5、6歳でもうバリバリ弾いているケースを見かけますが、どちらかというとこれはレアケースですので、保護者さまは、どうか焦らず見守ってほしいなと思います。

ピアノを習い始める年齢を5歳と想定すると、だいたい「5年程度」習えば、「エリーゼのために」に挑戦できるのではないでしょうか?(もちろん個人差があります。

いつまでに、どんなふうに弾きたいですか?

ピアノを弾く人なら誰でも、いつか「エリーゼのために」を弾いてみたいし、保護者様も、弾いてほしいとお考えのはず。

だったら、待つ必要はありません。

思いきって先生に「いつかエリーゼを弾いてほしいのですが、今のペースだと、いつ弾けるようになりますか?」と質問してみましょう。

もしくは「エリーゼを弾けるようになるには、これからどのように練習したらいいですか」と具体的に相談してみてください。

その思いが本気であれば、先生はきっと喜んでアドヴァイスをしてくれるでしょう!

もちろん、自宅での練習メニューやレッスンの内容が変わり、負担が大きくなるかもしれません。

練習時間を増やさなけばならないのなら、そこはぜひ、先生を信じて!がんばってみてくださいね。

でも、ここで気をつけてほしいのが、ピアノは、「◯歳でエリーゼを弾けるからすごい」というものではありません。

背伸びしすぎた演奏では、聴く人に感動を与えられません。

弾くだけで精一杯‥という演奏ではなく、誰もが思わず感動するような、心のこもった演奏を目指しましょう。

エリーゼのために、最短はまさかのシニア、5か月!

以前、60代男性のピアノ初心者が、脳活のためにご入会されました。

レッスンでが「まずは指の運動の曲から」とおすすめしましたが、その方の心はもう「エリーゼのために」一色!

ご本人たってのご希望でしたので、いきなり「エリーゼのために」からレッスンを始めました。

その生徒さんは、YouTubeでさまざまな演奏動画を観て、毎日数時間は練習したそうで、ペダルにも初挑戦しました。

そして、「エリーゼのために」をご入会から5ヶ月(月2回30分レッスン)で完成させました。

その後は、「エリーゼのために」で大人の発表会にもチャレンジしました。

『エリーゼのために』が弾けるようになりたい」という気持ちがあれば、経験も年齢も全く関係ないのです。

残念ながらその生徒さんは、お母様の介護のため、2年ほどでレッスンをやめてしまいました。

最後のレッスンで、「今日は先生のために『エリーゼのために』を弾きます」とおっしゃり、演奏をプレゼントして下さいました。

御礼に、私も『エリーゼのために』をお返ししました。

「演奏のプレゼント」なんて人生で初めてでしたので、感動しました。今でも私にとって、とても大切な思い出です。

ピアノのレッスンで「エリーゼのために」を弾いて、感動体験してみませんか?

みやもとピアノ教室、詳しいピアノコース内容はこちらからどうぞ