2020年コロナ渦はこうして乗り越えた

今年も一年間、本当にありがとうございました!

みやもとピアノ教室の宮本理恵です。

昨日、2020年最後のレッスンを無事に終了致しました。

暑い日も寒い日も、コロナ渦で心配な時も、レッスンに通い続けてくださった皆様に、心から感謝致します。

そして、保護者様のたくさんのサポートにより、今年も無事にレッスンを終了することができました。本当にありがとうございました!

残すは一年間の総仕上げ、カワイこどもコンクール!

そしてこれから、いよいよカワイこどもコンクールです!

コンクールに出場される生徒さんたち、目標に向かってたくさん練習しました。

練習の成果は演奏に現れています。聴く人をひきこむような、見事な演奏ができるようになりました!当日が楽しみです。

たくさんがんばってきたのだからあとは自信を持って!当日はあまり弾かないこと!

弾くよりも、ステージでのびのび弾いている自分の姿をイメージしてください。

そして、弾き終わったらステージ上で、お客様の顔を見て、堂々とおじぎしてください。

きっとたくさんの拍手がもらえますから、笑顔で応えてくださいね!

自粛中はただひたすら、ピアノから心が離れないように‥

今年は、ピアノ教室業界もコロナ渦に巻き込まれた一年でした。

コロナ自粛でレッスンが出来なかった時、私が最も力を入れたこと。それは、生徒さんの心が、ピアノから離れないようにすることでした。

実際にどうしたかというと、まずは生徒さんたちに、頻繁にご連絡していました。

当時は、レッスン再開のめどがたたず、8月に予定していた発表会も、開催できるかどうかわからないという不安な状況でした。

けれど、たとえ発表会がなくなったとしても、目標に向かって練習することは、ムダにはならないはず。

むしろ、こんなコロナ渦の時だからこそ、ピアノは、生徒さんの役に立てる

そう信じて、自粛中の生徒さんに、発表会の候補曲をあれこれご提案しました。曲が決まったら、メールにネット通販のリンクを貼って、ご自分で楽譜を購入してもらいました。また、便利な世の中ですので、コンビニで楽譜をプリントしてもらうこともありました。

そして、できるところから、自分で練習してもらいました。時にはYouTube動画をご紹介したり、動画でやり取りしたり‥

そして6月。レッスンを再開して驚いたのは、生徒さんがみんな、すでに発表会の曲をきちんと弾けるようになっていたこと。すでに暗譜していた生徒さんもいました。

もちろん指使いがよくなかったり、音やリズムが間違っていたりで、修正が大変でした。

それでも自粛中の3か月、ピアノから心が離れるどころか、こんなにもピアノと向き合ってくれたのです。しかも、自分の力で。この経験は生徒さんたちにとって、大きな達成感や自信、そしてモチベーションにつながりました。

こうして自粛3ヶ月を乗り越え、8月の発表会は、予定していた生徒さん全員、参加することができました。

コロナ渦を乗り越えた、2020年。

生徒さんにとって、きっと例年以上に有意義なものになったのではないかと思います。