ピアノが弾けるだけじゃない!ピアノを習うメリットとは

ピアノが弾けるだけじゃない!ピアノを習うメリットとは

こんにちは!「みやもとピアノ教室」の宮本理恵です。

先日、6歳の男の子の無料体験レッスンを行いました。

6歳にして、すでに習い事を四つしているそうで、お母様からは、「ピアノの練習時間が取れない、時間的に通えるか不安‥」というお話を伺いました。

たしかに、新しいことはいろいろと、負担がかかりますね‥

でもご本人が「やりたい!」と一年前から、言い続けているのだそう。子供の可能性は無限大!ぜひ習わせてほしいなと思います。

今時の小学生の、人気の習い事は、スイミング、塾、そして通信教育、英語、プログラミング!

一昔前は、ピアノが1位か2だったそうですが、時代は変わりました。

こんな時代にピアノなんか習っても、メリットはないのか?というと、全くもってそんなことはありません!

そこで今回は、ピアノを習うことで、どんなメリットがあるのかをご紹介。具体的に言うと

ピアノが弾けるようになる

楽譜が読めるようになる

音感、リズム感が身につく

ここまでは、音楽に関することなので当然なのですが、驚きなのは

脳が鍛えられ、賢くなる(東大生に二人に一人は、ピアノ経験者!)

聞く力が身につくので、言語能力、英語力、コミュニケーション能力が身につく

膨大な量の情報を処理するので、集中力、自己コントロール力が身につく

レッスンで褒められ、認められることで、自己肯定感が高まる

ピアノや音楽を通じて視野が広がり、コミュニティが広まる

脳が活性化され、心身ともに健康になり、豊かな人生を送れる‥

あまりにも壮大なスケールなので、なかなか伝わりにくいのですが、副産物として、こんなにたくさんのメリットがあるのです。

ピアノを習うメリットは、生徒さんが教えてくれます

小4のAちゃんは、クラスでも「Aちゃんと言えばピアノ!」と言われるほどの腕前。コンクールにも参加し、賞をとっています。ピアノが自己肯定感を高め、自分の個性(アイデンティティー)につながっています。


もうすぐ中学生になるBちゃんは、お友達もみんなピアノを習っているらしく、休み時間はいつも音楽室に行き、ピアノを弾いて遊んでいるそうです。共通の話題は音楽。みんなで流行りの曲を弾いては、楽しんでいるようです。思春期を迎える難しい年頃、ピアノがコミュニケーションツールとして、役に立っています。


10歳を迎えたCちゃんは、学校の1/2成人式で、将来の夢を発表するそうですが、「ピアニスト、動物の飼育員、声優のどれがいいかなぁ」と、レッスンで話してくれました!

さらに、中3のDちゃんは、部活に塾にテストにと、忙しい日々を送っています。それでも、「ピアノを弾くと、頭がスッキリする」と言って、ショパンの「幻想即興曲」をイキイキと弾いています。

さらに、大人のピアノの生徒さんが、以前、こんなお話を聞かせてくれました。

「自粛中で子供の学校がお休みの時も、ピアノがあったので、有意義に過ごせました。去年、父が亡くなった時も。今では、母が空いた時間に、ピアノを弾くようになりました。」

この方は今、ベートーヴェンの「悲愴ソナタ」を見事に仕上げました。今度は、ショパンに初チャレンジしようかな‥とうれしそうに話してくれました。

子供が成長していく上で、ピアノがどれだけ役に立っているか‥

長い人生、ピアノを弾けることが、どれだけ助けになっているか‥ピアノを習うメリットは、こうしていつも、生徒さんが教えてくれます。

ピアノを弾くと、人は幸せになれる!私は信じています!

みやもとピアノ教室、詳しいレッスン内容は、各コースからどうぞ!