ピアノdeクボタメソッドおためし3ヶ月後、生徒さんは

ピアノdeクボタメソッドおためし3ヶ月後、生徒さんは

こんにちは!宮本理恵です。

我が子にピアノを習わせたい保護者さまは、きっとたくさんいらっしゃると思います。

そんな保護者さまの心配事といえば

「うちの子、落ち着きがなくて‥先生の話が聞けるか心配」「家で練習させられるか心配」

この2つではないでしょうか?

みやもとピアノ教室では、そんな保護者さまのために、ピアノdeクボタメソッド3ヶ月のおためしレッスンを試みました。

おためし3ヶ月で、とりあえずやってみて、無理と感じたら修了していただけます。

ピアノdeクボタメソッドは、基本的に、家での練習、宿題はありません。

5月から始めた、4歳の男の子Aくんのレッスン

5月から始めた、4歳の男の子Aくんのレッスン。

初回のレッスンでは、なんと、部屋から脱走しました!

今思えば、きっと慣れないところで不安だったのでしょう。落ち着きがありませんでした。

けれど、4ヶ月目に入った8月のレッスン。教室に入って、驚きの一言。

「りえせんせいのレッスンは、たのしいんだよ〜」

そう言って、自分からシールカードを出し貼り、自分から指番号の積み木を並べました。

少しずつ、ピアノに向かう時間も長くなってきました。

初回のレッスンとはまるで違って、リラックスして、ピアノを楽しんでします!

彼が大好きなのは、ピアノ即興。play the piano!まさに遊び弾き。

五感の鋭い幼児期、耳で、目で、グランドピアノの響きを感じているのです。

デタラメに音を出しているのではありません。よく聴くと、リズムパターンや、音型もパターンが統一されています。

4歳ですでにアンサンブル、即興演奏の楽しさを体験している。すばらしい!

3歳のBちゃん、メリーさんのひつじを弾けるようになりました

6月からおためしでレッスンを始めた、3歳のBちゃんは、明るくて前向きな女の子!

とても小さく、指が細くて、ピアノに椅子に座るのも一苦労ですが、ピアノdeクボタメソッドのレッスンに、しっかりついてきています。

はじめは、たくさんある鍵盤から「ド」を探すのも大変でしたが、3ヶ月たった今は「メリーさんのひつじ」を弾けるようになりました。

ドレミの音符も、リズム符も着実に読めるようになっています。

ピアノdeクボタメソッドは、ピアノを弾いて、集中力、記憶力を身につけ、脳を鍛えるメソッドです。

レッスン内では、できたら褒める、いやになったらやめる…という基本方針があります。

なので、集中力が途切れたら、メソッドは修了。他の内容に切り替えます。

よく使うのは「なかまカード」。カードに描いてある絵を複数、記憶します。

「ネコ」「クルマ」といった言葉を、今度はピアノで表現します。

「先生のマネ、いくつできるかな?よーく集中して見てないと、できないぞ!」

遊び感覚で、記憶力、集中力を高めます。間違えて弾くと、その音から「間違えた」と判断できるようになります。

3ヶ月おためしされたお母様から

3ヶ月おためしされたお母様から、今後のレッスンについてお話をうかがいました。

「ピアノだけじゃないから、楽しく続けれらています。これからもよろしくお願いします。」

と、うれしいコメントをいただきました。

ピアノが弾けて、賢くなる、ピアノdeクボタメソッド!

来年の4月から、火曜日、水曜日の夕方に、レッスン枠が確保できます。それまでは、土曜日の午前中で、お待ちいただいております。

ピアノdeクボタメソッドコース、詳しくは、各コースからどうぞ!