リトミックってどんな効果があるの?所沢駅近くの教室

リトミックってどんな効果があるの?所沢駅近くの教室

こんにちは!宮本理恵です。

リトミックとは、スイスの音楽教育家エミール・ジャック=ダルクローズが考案した音楽教育、人間教育法です。

幼児期からリトミックレッスンの受けると、実にさまざまな効果があります。

具体的な効果としては

ビート感、リズム感が身につく

音楽の細部まで聴き分ける力(音感)が身につく

感性が磨かれる

記憶力、集中力が身につく

コミュケーション能力や、協調性が身につく

創造力、表現力が身につく

自己統制力が身につく

そう、「音楽教育」だけでなく、「人間教育」としても効果があります。

音を聴いて、自分でどうしたら良いかを考え、判断し、解決するという経験を積むことで、人間的にも成長することができるのです。

リトミックの効果をさらに具体的に

リトミックの効果をさらに具体的に説明します。

たとえば、基本活動である、音楽が鳴ったらビートにのって歩く、止まったら歩くのをやめる、GO & STOP。

ビートに合わせて歩きますので、ビート感(拍感)が身に付きます。

そして、リトミックの音楽は、基本的にピアノの即興演奏。

その時その時、テンポも違えば音の大きさも違います。

音楽をよく聴いていないと、音楽に合わせて止まれませんので、自然と集中力が身につきます。

音楽が止まって、歩くのをやめることができれば、「ルールを守れた」ということになります。

幼い幼児さんは最初はわからないので、保護者さまを見て止まりますが、回数を重ねていくと、自分自身で判断し、止まれるようになります。

これは、危険行為を回避する自己コントロール力、自己統制力につながります。

自己コントロール力は遺伝ではありません。経験によってのみ身につけることができる、人間にとって非常に大切な能力です。

次に、リズム感。

たとえば、3歳の幼児さんに「ヒコーキ」と言いながら、その言葉のリズムを叩かせてみます。

「ひ、こー、き」と言葉で言うのは簡単にできます。けrど、このリズムはシンコペーションなので、叩きにくい。

正しく言うことはできるけれど(頭では理解できている)「こー」の部分の二分音符の長さを保ち、「き」の部分4拍目でたたくことが、難しい。これは、身体のコントロールが不十分なのです。

リトミックは、心と身体の調和を目指しています。

リトミックを経験していれば、「2分音符」という言葉は知らなくても、長い音符の空間やエネルギーを身体で感じ、表現できています。

なので、このようなシンコペーションのリズムでも、上手に叩くことができます。

その他にも、たとえば、スキップのリズム。

リトミックを経験している生徒さんが、ピアノのレッスン中、スキップのリズムでできた「はねっこうさぎ」という曲を聴いて、教室内をスキップしだしました。

心で、身体で、本能的にリズムの楽しさを感じていて、もう動き出さずにはいられないのです。

もちろん、音も動きもイメージできている状態ですから、すぐにピアノに置き換えて弾くこともできます。飲み込みの速さが違います。

そのほかにも、たとえば、rit.(リタルダンド)。テンポをだんだん遅くするという音楽表現。

ピアノレッスンをしていると、rit.を見た瞬間、急に遅く弾いてしまう生徒さんや、遅くできず、そのままのテンポで弾いてしまう生徒さんがいます。

これも、正しい音楽のイメージができていない、体のコントロールが不十分、といった原因が考えられます。

リトミックなら、テンポの変化を感じてステップしてみたり、タッピングしてみたりと、すでに実際に動いて、rit.を経験しています。

なので、すぐ自分の演奏表現に置き換えることができるのです。

幼い時からリトミックで音楽経験の積み重ねていけば、感覚的、本能的に、音楽の基礎能力が身につきます。

やがて成長して、本格的に音楽のレッスンを受ける際、とてもスムーズに進むことができるのです。

指導する立場からしても実感できる、リトミックのすばらしさ‥

本格的に音楽のレッスンをはじめる時点で、心も身体もすでに、音楽的な人間に育っている!これがリトミックなのです!

所沢駅近くの親子リトミック教室、トコリト。いよいよ10月オープンします!

アクセスや、お月謝などの詳しい内容は、リトミック教室からどうぞ!