ピアノコンクール、歌のコンクールに今年も挑戦!

ピアノコンクール、歌のコンクールに今年も挑戦!

こんにちは!みやもとピアノ教室の、宮本理恵です。

2021年、秋!

クラシック業界では、コロナ禍で一年延期された、ショパンコンクールの本選、真っ最中!

カワイ音楽教室の生徒さんたちも、年末に行われる、ピアノコンクール予選に向けて、がんばっています。

私は生徒さんに、コンクール出場を強制してはいませんが、「勝てる試合にしか出さない」というわけでもありません。

なので生徒さん全員にお声がけをしています。

「今年のコンクール、どうする?」と聞いてみたら、なんと、ほとんどの生徒さんがチャレンジすることに!

単にピアノが好きだから?

ステージが好きだから?

ピアノで、目標を達成する喜びを、感じているからか?

生徒さんたちの自己肯定感の高さと、チャレンジ精神、すばらしい!

カワイこどもピアノコンクールの選択課題曲は、何十曲もあります。

その中から「〇〇ちゃんにはこれ!」と思うような特別な曲を、私が三曲程度に絞って、ご提案しています。

そして、その中から、生徒さんに弾きたい曲を選んでもらっています。

私の中では内心、「〇〇ちゃんには、この曲が1番合っているけれど…」なんて考えているのですが、生徒さんが選ぶ曲は、違う曲だったりもします。

ですが、自分で選んだだけはある。譜読みの段階から「こう弾きたい」という強い意志が、伝わってくる。

何事も、初めが肝心です。

間違った指づかいや、フレーズ感で覚えてしまうと、後から直すのは、大変な作業です。

レッスンは、最初の一音から、熱が入ります!

ステージを経験することで、成長することができる

小2のAちゃんの課題曲は「おさんぽペンギン」と「はねっこうさぎ」です。

どちらもワクワクするような楽しい曲!自由曲の「はねっこうさぎ」は、Aちゃんが自分で選びました。

Aちゃんはこれまで、ソロでは、ステージに立ちたがりませんでした。

なので発表会も、お母様との連弾で、出ていました。

去年のコンクールも積極的ではなかったのですが、「先生と一緒ならいいよ」いうことで、「連弾の部」で出場し、「努力賞」をもらいました。

「努力賞」がもらえて気持ちが変わったのか?今年の夏は、ぺツォルトの「メヌエット」で、初のソロステージにチャレンジしました!

ステージで全力が出せたAちゃんは、すっかり自信がついたようで、今年は「はねっこうさぎが弾きたい」と言って、当然のようにソロの曲を、自ら譜読みしてきます。

10回のレッスンよりも、1回の本番!とよく言いますが、継続的にステージ体験を積み重ねることで、人間的にも音楽的にも、成長することができるのです。

コンクールは、普段はなかなか聴かないような、魅力的な曲に出会うチャンスでもあります。

また、他の出場者の演奏を聴くことで、「自分もこう弾きたい」とか「「私だったらこう弾く」など、自分の音楽観が、ますます広がり、大変勉強になります。

うたのコンクール、初参加の4歳さん

4歳のBちゃんは、お母様の出産で、3ヶ月レッスンをお休みしていました。

先日、久しぶりのレッスンで、Bちゃんは、言葉数も増えて、ほっそりと背も伸びていました。

たった3ヶ月なのに、子供の成長は本当に早い!

実はお母様さまもBちゃんも、年末のうたのコンクールに出場したい一心で、生後2ヶ月の赤ちゃんを連れてレッスンに来てくれています!

歌の場合は、声の質、音域、年齢に合った歌詞、世界観かどうか、など。

ピアノとは違う選曲ポイントがあります。

この日は「どんぐりころころ」を歌いましたが、幼稚園でも歌っているとのことで、最初から自信満々!Bちゃん、いい調子です!

コンクールなんていうと、保護者さまはきっと敷居が高く感じると思います。

子供たちにとっては、発表会と同じ。コンクールは、楽しみなイベントの一つなのです!

みやもとピアノ教室は、褒めて励ます楽しいレッスンで、自己肯定感を育みます。

そして本番がどのような結果であっても、それが「学び」です。

結果を真摯に受け止める素直な心、また挑戦したいと思う、チャレンジ精神も育てます。

ピアノも歌も!コンクールにチャレンジできる、みやもとピアノ教室。お得なお月謝半額キャンペーンを実施中!

詳しくは、こちらからどうぞ!