ピアノ教室3度目の正直で、目標達成なるか?

ピアノ教室3度目の正直で、目標達成なるか?

こんにちは!宮本理恵です。

先日、小3の女の子のAちゃんが、ピアノコースにご入会しました。

1回目は、5歳の頃。大手音楽教室のグループレッスンに馴染めず、わずか数ヶ月で退会。

2回目は、個人のピアノ教室。よいペースで進んでいたようですが、バイエルも下巻に入り練習しなくなったAちゃん。そんなAちゃんに保護者さまも耐えられず、コロナ禍をきっかけに退会。

そして今回、3回目のピアノチャレンジ!どうしてまたピアノを?

「ブルグミュラーのアラベスクが弾けるようになりたいから」

すばらしい!今回のチャレンジは、明確な目標があります!

どうやら、周りのお友達が弾いているのを見て「私もアラベスクを弾きたい!」と思ったんだそう。弾きたい時がはじめどき。続けられなかったとか練習しなかったとか、過去は関係ありません!

コロナをきっかけにとなると、ブランクは一年半。若いからすぐに勘も戻るはず。

「半年後に発表会があるから、発表会でアラベスク弾けるようにがんばろうか!」と提案すると、Aちゃんは

「半年後じゃなくても、もう右手だけ弾けるよ。」

と自信満々に演奏してくれました!右手だけ暗譜で弾けていますが、自己流ですから指づかいもアーティキュレーションも自己流です。

「暗譜で弾けてすごい!でも左手も弾きたいよね…」と私が楽譜を取り出すと

「左手は読めないから、楽譜は見ない。見ない方が弾ける」と言いました。

「楽譜が読めない」‥ピアノを習う生徒さんの中でも、最も多いのがこのお悩みではないでしょうか?

楽譜が読めない→練習がいやになる→練習しない→練習しないわが子を見て、保護者さまがピアノをやめさせる‥

「ピアノ教室をやめる」王道のケース!

子供の頃は、耳コピして、指でなんとなく探って弾けても、音符はどんどん増えていく。だから限界があります。

楽譜は見ない」という考え方からリハビリしよう

まずは健康診断のようなレッスンから

バイエル上巻だけ終わった、という経験者に最も多いのは、「ヘ音記号が読めない」というケース!

1回目のレッスンでは、ボードや音符カードを使って、基本的な楽譜のルールを確認しました。

Aちゃんはもう小学3年生ですから、ルールさえ覚えれば、ヘ音記号もすぐクリアできます。

そもそも「アラベスク」が読めないのは当たり前。バイエル上巻修了では、これまでに、三和音も、ヘ音記号も出てこなかったはず。


次に、ソルフェージュを兼ねて、ドレミの音階も歌ってもらいました。

Aちゃんにどれだけ音感が身についているのか、これも今後のレッスンにおいて、大切な確認です。

譜面上のドレミの知識だけでは、本当の意味での「音楽的な人間」は育ちません。これから先、どこかでつまづいてしまいます。

2回目のレッスンで、私、ヘ音記号読めるかも

2回目のレッスン。敢えてAちゃんには易しいと思われる、バーナム導入書を取り入れました。

「ヘ音記号は読めない」と言っていたAちゃんですが、二曲ほど弾いてヘ音記号に慣れさせたところ

「私、ヘ音記号読めるかも」

そう言って「次もやる。その次もやる。」と、どんどん自分から先に進んでくれました。

「あとは家で、できそうなところまでやってきてね」

あえて途中でバーナムを終えました。宿題はここまで、とは決めません。

ここでは、Aちゃんの家での練習量が試されますが、これもレッスンにおいて、大切な確認作業です。

Aちゃんはもう小学3年生。しかも、ピアノ教室3回目のチャレンジ。

私や保護者さまの「練習しなさい」は、むしろ逆効果。

今回は、自分の意志で挑戦するのだから、ご本人の自主性を尊重したい。

保護者さま、どうか、Aちゃんを信じてあげてください。

3回目のレッスンで、両手で弾けた!

3回目のレッスン。真っ先にアラベスクの冒頭、数小節を両手で弾いてくれました!

「左手はいい‥」と言っていたAちゃんなのに、すばらしい成長ぶりです。

バーナムも気にいったようで、たくさん弾いてくれたのですが、もう一つの「オルガン:ピアノの本2」は「あんまり弾いてない‥」と正直に教えてくれました。

楽譜が読めるようにするには、簡単な譜読みを、数多くこなすことが、最も効果的。

「Aちゃん!家でもレッスンでも、まず先にこっち弾いてから最後にアラベスクね!順番が大切だよ。」

Aちゃんが描いてくれた、絵本風の絵には

ひとりで弾いてもつまらない 5さいのころ

二人で弾けたらたのしくわいわい 8さい たのしー

と書いてありました。

Aちゃん、絶対アラベスクをかっこよく弾けるようになろうね!

最後までお読み下さり、誠にありがとうございます。

音楽で生徒さんを育むみやもとピアノ教室。これまでにいただいた生徒さまの声は、こちらからどうぞ。

生徒さまの声