みやもとピアノ教室ってどんな教室?Q&Aでご紹介!

みやもとピアノ教室ってどんな教室?Q&Aでご紹介!

こんにちは!宮本理恵です。

ピアノ&リトミック指導歴17年。所沢市小手指に教室をオープンして3年目。

今日も生徒さんと楽しくレッスンをしています。

今回は、みやもとピアノ教室が一体どんなピアノ教室なのかを、Q&Aでご紹介します!

みやもとピアノ教室に通っている生徒さんについて

Q1】生徒さんはどこから通っていますか?

A1幼児さんですと、第一文化幼稚園、第三文化幼稚園、第五文化幼稚園、第六文化幼稚園、富士幼稚園、みかじま幼稚園、北野保育園、山口保育園、ひまわり幼稚園けやき幼稚園。

小学校ですと、小手指小、椿峰小、山口小、泉小、上新井小、荒幡小などから通ってくれています。

レッスンの後のお楽しみ!

また、都内の清瀬市や練馬区からもお通いいただいています。

自転車や徒歩で通われている方が半数、車の方が半数いらっしゃいます。

【Q2】レッスン中、親は付き添いをしていますか?

【A2】付き添われる保護者さまが多いですが、2歳でも一人でレッスンを受けている子がいます。

保護者さまに安心して任せてもらえるように、日頃から生徒さんと仲良くなることを心がけています。

レッスン時間、下のご兄弟と保護者さまが、隣の諏訪神社で遊んだり、教室近くのファミリーマートやドラッグストアでお買い物をされたりします。

教室内でお待ちいただくこともできます。ご兄弟用のおもちゃと、保護者さま用のピアノ教育本も用意しています。

ちびっ子に大人気だったプッシュポップ!
待ち時間は、折り紙を折ったり、お絵かきしたり

【Q3】何歳くらいが多いですか?

【A3】2歳から個人レッスンしていますので、生徒さんの平均年齢は、比較的低いです。一番多いのが小学一年生です。

ここ最近、小3、小4、小5の小学生のご入会が増えています。コロナ禍でなかなかレッスンに踏み出せなかった、という方が多いです。

【Q4】ピアノを持っていないのですが…

【A4】今は電子ピアノが主流で、生徒さんの8割が、電子ピアノ所有者です。

卓上キーボードで練習している生徒さんもいます。

とはいえ、アコースティックピアノと、電子ピアノで迷われている場合には、中古でもアコースティックピアノをお勧めしています。本物は響きが違います。

自宅に楽器がないと、ピアノの上達は非常に緩やかになり「ずっと習っているのに、全然弾けない…」という結果につながってしまいます。

保護者さまには、自宅でもピアノの練習ができる環境作りをお願いしています。

みやもとピアノ教室の先生はどんな先生ですか?

【Q5】宮本先生はどんな先生ですか?怖いですか?

【A5】生徒さんからよく言われるのが「元気」と「面白い」です。

幸か不幸か、私は長いピアノ人生で「怖い先生」に教わったことがありませんでした。

けれど、社会人時代、ヤマハのグレードテスト対策で、威圧的な先生の指導を受けたことがあります。

先生の前だと、萎縮してしまってうまく弾けず、結果、試験にも落ちてしまいました。

その後、他の先生に変わったのですが、新しい先生は「合格しない理由がわからない。次は大丈夫ですよ」とおっしゃり、本当に次の試験で合格しました。

このことから「威圧的なピアノレッスンは、デメリットしかない」と感じています。

【Q6】絶対に叱らない、優しい先生なんですか?

【A6】時には、生徒さんを叱ります。

ただそれは、生徒さんの態度があまりにも横柄だったり、ピアノや教具を乱暴に扱ったりした時だけです。

「ピアノが弾けないことを叱る」ことは絶対にしません。弾けないのは、講師の責任だと考えています。

ピアノの教材や指導方針について

【Q7】教材はどんなものを使っていますか?

【A7】1ヶ月ほどいろいろな教本を試してみて、ご本人が楽しんでいるものを選んでいます。

2歳さんは「まいぴあの」を使って、数や量の認識を確認していきます。

3歳くらいですと「うたとピアノの絵本」を使います。この絵本は歌詞も絵も面白いので、生徒さんが大笑いしながら弾いてくれます。他にも「ピアノどりーむ」や「ともだちピアノ」を使います。

4歳になると、カワイ音楽教室のオリジナル教材「サウンドツリー」を使うことが多いです。

CDもついているので音感が身につき、生徒さんが歌いながら、楽しくピアノを弾いています。

小学生からスタートする場合は、「オルガンピアノの本」や「ピアノひけるよ」を使用しています。

どちらの本も真ん中のドからスタートするので、ト音記号とへ音記号の譜読みのバランスが取れます。

「バーナムピアノテクニック」はピアノコース全員に使用します。

曲が短いので譜読みの負担が少なく、「歩こう」「ジャンプしよう」などイメージもしやすく、体の使い方が柔軟になります。

幼児期から広範囲の音域になじみ、ペダルも体験することができます。

【Q8】毎日練習しないといけませんか?

A8理想は毎日ですが、絶対ではありません。良い練習をすれば、たとえ数回でも必ず上達します。

ご両親のお仕事や他の習い事で忙しく、練習時間がなかなか取れない生徒さんもいます。

なので、普段のレッスンから「練習の質を上げること」と「一人でも練習できるようにすること」を目標にレッスンしています。

たとえ1週間全く練習できていなくても、休まずレッスンに来てください。

生のピアノを弾くこと、楽譜を読むことなど、リズム打ちなど、レッスン時間でできることはたくさんにあります!

【Q9】宿題は多いですか?

【A9】おそらく少ない方です。

ただ、生徒さんには「宿題以外の曲も、どんどんチャレンジしてね」と言っています。

レッスンでは「これも弾いてきたよ!」と言って、生徒さんが自主的に曲を選び、練習してきたりします。

【Q10】宿題が少なめでも、弾けるようになりますか?

【A10】生徒さんの自主性を大切にしています。生徒さんは、自分で曲を選び、自主的に練習してくれるようになります。ピアノを習って一年で「エリーゼのために」を弾けるようになる子もいます。

どうしても自宅で練習できないには、好きな曲を積極的に取り入れたり、練習しなくても弾けるよう、初見力、ソルフェージュ力を強化したりして、一人一人に合ったレッスン内容にしています。

ピアノのコンクール、グレードテストや発表会など

【Q11】コンクールに出られますか?

【A11】「カワイこどもピアノコンクール」「ブルグミュラーコンクール」などに参加していただいています。「カワイの歌のコンクール」にも出場できます。

今年も生徒さんたちが、コンクールに向けて練習をがんばっています。

【Q12】グレードテストとは何ですか?

【A12】みやもとピアノ教室では、カワイ音楽教室のグレードテストを受験することができます。

グレードテストとは、ピアノの実技試験のことです。試験会場で、数人のピアノの先生たちの前で課題曲を弾きます。16級〜3級まで設定されており、級が上がる毎に少しずつ要求されるレベルが上がっていきます。

普段使用している教材からの課題曲なので、日々のレッスンのマンネリ化防止にもなります。本番力も身につきます。

【Q13】発表会はどこでやりますか?絶対に参加しないとダメですか?

【A13】発表会は、1年~2年に一度です。2022年は所沢市民文化センターミューズ小ホールで開催しました。

人前で弾くことが何よりも上達につながるので、可能な限り参加していただいています。

ご家族の皆様も、無理のない範囲で、連弾や合奏に参加してくださいます。

発表会に出たくないという生徒さんには、スタッフとしてお手伝いしてもらっています。

他にも、小さなスタジオや公民館で、小規模なサロンコンサートも行います。

【Q14】振替レッスンはしていますか?

【A14】振替レッスンしていますが、年間回数が決まっています。オンラインレッスンも行っています。

オンラインなら、ご兄弟の体調のすぐれない時や、コロナによる学級閉鎖時も、休むことなくレッスンできます。

ただいま無料体験レッスン受付中!

いかがでしたか?教室の様子が、伝わりましたか?

他にもご不明な点がございましたら、まずは無料体験レッスンで、実際にレッスンを受けてみてください。

みやもとピアノ教室は、楽しいレッスンで、音楽を一生ものにします!

お問い合わせはこちらからどうぞ