みやもとピアノ教室のチャレンジは続く

みやもとピアノ教室のチャレンジは続く

こんにちは!宮本理恵です。

2020年のコロナ禍にスタートした、みやもとピアノ教室。

2021年、ピアノdeクボタメソッドの導入、リトミック教室オープンなど、チャレンジを積み重ね、たくさんの生徒さんに出会えました。

2022年は、大手音楽教室から独立念願であった発表会を開催することができました

秋には、小手指南にリトミック教室「コテリト」をオープンしました。

ブルグミュラーコンクールにチャレンジし、地区予選で優秀賞をもらうことができました。

この1年で、お通いいただいている生徒さんのエリアも拡大しました。

特に「ピアノdeクボタメソッド」は、所沢唯一の認定教室ということで、現在は荒幡、狭山ヶ丘、若狭、秋津、下安松からもお通いいただいています。

リトミック教室は、所沢駅近くの「トコリト」と、車で通える「コテリト」を棲み分けました。

その結果、練馬、航空公園、狭山ヶ丘など、遠方からもお通いいただけるようになりました。

父の病死、コロナ感染など、実は、良いことばかりではなかった2022年。

たくさんの人に支えられ、なんとか平穏に新年を迎えることができました。

この1年間も本当にありがとうございました。2023年もよろしくお願いいたします

目標達成につ、ダルマに目を入れました

ピアノの先生をしていてよかった!と思う瞬間

この一年も「ピアノの先生をしていてよかった!」と思う瞬間が、たくさんありました。

それはどんな瞬間かと言うと

生徒さんがピアノを通じて、音楽的だけでなく、人間的にも成長していく姿を見た時です。

本来、ピアノの先生の仕事は、生徒さんがピアノを弾けるように指導することですが、先生の努力だけでは、ピアノは弾けるようにはなりません。

生徒さん本人が、自分の目標に向かい、弾けないところを練習し、心が折れそうな時も、自分をコントロールしていく…

練習を積み重ね、弾けるようになれば「達成感」を味わうことができる。「自分はやればできるのだ」と自己肯定感が育ち、音楽的にも人間的にも、成長することができるのです。

自信が持てず、発表会に出なかったAちゃんは、練習を積み重ねることで自信がつき、クリスマス会で演奏することができました。

「ピアノやめる」と言っていたBちゃん、弾きたかったポップスが弾けるようになると「ピアノって楽しい!」と実感。今は、教室入会のきっかけであった「アラベスク」にチャレンジしています。

学校は休みがちだというCさんも、ピアノのレッスンは皆勤賞!今まさに、憧れの曲にチャレンジしています。

これからも、生徒さん一人一人の音楽的、人間的成長を目指して、レッスンしていきます。

2023年、みやもとピアノ教室のチャレンジとは

2023年もみやもとピアノ教室は、新たなチャレンジをしていきます!

3月 リトミック「トコリト」幼児クラス卒業式

   小さな生徒さんによるスプリングコンサート開催

4月 2歳からのプレピアノコース(仮)を拡充

夏  大人のための音楽サークルを開講!音楽でもっと地域を元気に!

秋  リトミック&ピアノの発表会を開催

並行して、ピアノコンクールや歌のコンクールにもチャレンジします。

今年も、楽しいレッスンで、音楽を一生ものにします!

みやもとピアノ教室のピアノコースはこちら