子供が家でピアノの練習をしない‥親の心構え 

子供が家でピアノの練習をしない‥親の心構え

こんにちは!所沢市「みやもとピアノ教室」の宮本理恵です。

わが子にピアノを習わせている保護者さまにとって、1番のお悩みは、「子供が家でピアノの練習をしない」ということではないでしょうか。

私にも、ピアノを練習しない娘がおりますので、状況やお気持ちが、痛いほどよくわかります。

ついつい「ピアノの練習しないの?」と言いたくなりますが‥

子供にピアノを習わせるのなら知っておいてほしい、「自宅での練習の考え方」を3つご紹介します。

そもそも子供は、一人でピアノの練習はできない

私は、ピアノ講師を長く続けておりまして、その経験上、感じることがあります。それは

幼少期から1人で練習できる生徒さんは、ごくわずかだということ。

幼い生徒さんは、レッスンが終わると、音符も、どんな曲だったかも、すっかり忘れてしまうことが多いです。

家に帰って、一人で、何をどう練習したらいいかわからないのです。

がんばって練習したとしても、勘違いから、間違いに気づかず練習をしてしまうケースもあります。

1人で練習できるようになるのは、もっと大きくなってから。だいたい小学校2〜3年生が分岐点のように感じます。

家では全然弾かない生徒さんでも、レッスンとなると、しっかりとピアノを弾いてくれます。それはなぜでしょう?

子供は、誰かがとなりで自分の演奏を聴いてくれるから、がんばれるのです。

きっとご自宅でも、保護者さまが近くで演奏を聴いてくれたら、がんばれるはず。

声かけやアドバイスは必要ありません。ただただ、聴いてあげてください。

お忙しいようでしたら、お掃除やお料理をしながらでもいいので、ピアノの音に、耳を傾けてあげてください。

そして「どうだった?」と聞かれたら、良いところだけを伝えましょう!

とにかく褒めることが大切です!

悪いところやミスは、目をつぶってください。お子様は「もっとこう弾いたら?」なんて意見、全く期待していないのです。

ピアノの練習の優先順位を上げる

習い事、宿題、遊び、ゲーム、おやつ‥。子供たちにはやるべきこと、やりたいことがいっぱいありますね。

ご家庭内では、ピアノの練習の優先順位は、何位でしょうか?ピアノの練習を、後回しにしていませんか?

ピアノの練習は、集中力を使いますから、体力が必要です。

他の用事で時間が押してしまい、夕方には疲れてしまって「結局、今日も弾かなかった‥」という状態が、続いていないでしょうか?

幼い子供には、自分のスケジュール管理はできません。

たとえ毎日は無理でも、「何曜日の何時はピアノ練習」とか、「毎朝必ず3回弾いてから学校へ行く」‥など。

家庭内でのピアノのルールを決めて、練習時間を確保してあげてください。

休日であれば、お子様が元気な午前中の時間帯がベストです!

保護者さまが「先にピアノを練習をしてから、〇〇しよう!」と誘い、優先順位を上げることで、お子様にも、ピアノの練習が重要視されていることが伝わります。

ここで気をつけてほしいのは、練習課題を「少しがんばればクリアできる」くらいのレベルにすること。

今日は8小節まで覚える、今日は3回弾く、今日は両手で弾く‥など課題を持って。課題は、ご本人に決めさせていいと思います。

すぐに飽きてデタラメな曲を弾きだしても、どうか注意しないでください。ピアノを楽しんでいるのですから!

ピアノが弾けるというスキルは、大変高度なテクニックです。

楽譜の指番号を見れば、自然に左右の指が動き、どんな音楽なのかをイメージできる‥子供の頃に身につけたピアノのスキルは、一生もの!

大人のピアノ初心者にとって、この作業がどれだけ大変なことか‥。

ただしピアノのスキルというのは、1〜2年で身につくものではありません。

親としても、一生ピアノを弾かせるつもりで、ドンと構えましょう!

ピアノは、誰とも比較せずにその子だけを見て褒める

幼い子供にとって、保護者さまの笑顔こそ、1番のご褒美ではないでしょうか?

だからこそ「ここ、昨日よりも上手に弾けたね!がんばったね」と具体的に褒めてあげてください。保護者さまが喜んでくれることで、自己肯定感がアップします。

けれど、これは親子だからこそ、難しい場合もあります。私がそうです。

保護者さまがピアノを弾ける場合、「私が小さい時は、もっとピアノの練習をしてたのに」と比較してしまうことが多いです。

でも実際は、環境も時代も性格も先生も違いますから、安易に比較できないもの。

この点ではむしろ、ピアノを弾けない保護者さまのほうが「両手が別々に動くなんてすごい!」「音を聴いただけでドレミを判別できるなんてすごい!」と、素直に褒められているようです。

ピアノは、人と比較しても楽しいことはありません。比較していいのは、過去のその子だけです!

自分と我が子は違う人間なのだと、割りきりましょう。

ピアノのご経験のある保護者さまなら、「ピアノを弾ける」ということが、どんなにすばらしいことか、どんなに人を成長させてくれるか‥夢を持って、笑顔で、お子様に伝えてあげましょう!

どうか、練習しないからと言って、あっさりレッスンをやめさせないでください。

大きくなった我が子に「あの時ピアノを続けさせてくれたらよかったのに‥」なんて言われてしまうケースもよく聞きます。

実際に、ある調査では、ピアノレッスンをやめた理由のトップが「練習しないから」だそうです。

音楽は一生もの!だからこそ、どうか細くても長く、ピアノを続けさせてください。

いつか必ず「ピアノを習わせてくれてありがとう」と、お子様に感謝される日が来るはずです。

楽しいレッスンで音楽好きを育てる、みやもとピアノ教室。ご自宅での具体的な練習方法もご提案いたします。

詳しいレッスン内容は、各コースからどうぞ