ピアノは毎日練習しないとダメですか?

 ピアノは毎日練習しないとダメですか?小手指のピアノ教室

こんにちは!宮本理恵です。

先日、ピアノコースの無料体験レッスンのお申し込みがあり、小1の女の子のレッスンを行いました。

とても元気な女の子で、受け答えもしっかりできました!

お母様が昔、ピアノを習っていたそうで、ご自宅には電子ピアノがあるそうです。

この日、保護者さまから、印象深い質問を受けました。

「毎日、ピアノの練習しないとダメですか?」

このご質問には、続きがありました。

「実は、幼稚園入学と同時にピアノ教室へ通ったんですが、そこの先生に『毎日ピアノを練習しないとレッスンする意味がない』と言われたんです。

でも、当時は娘も幼かったし、私も仕事復帰したばかりで、ピアノどころではなくて。

結局、数ヶ月で、ピアノ教室をやめてしまいました。」

お子様が幼稚園入学と同時に、お母様が職場復帰…お母様の大変な状況、想像できます。

この「毎日のピアノ練習問題」に、ピアノ講師はどう答えるべきでしょうか?

こんなにピアノを練習させるのが大変だとは…

ピアノは、毎日弾けば、ぐんぐん上達します。

幼児さんのお箸と一緒で、毎日使えばスムーズに使えるように。

ピアノも毎日練習を重ねていけば、スムーズに弾けるようになるのです。

そして、本人が上達を実感できるようになると、ピアノをもっと好きになり、その成長曲線は、さらに上がっていくでしょう。

では、たとえば5歳児が、毎日30分、自主的にピアノの練習をするかというと…

そんな子は、ほとんどいません。

結局ピアノは、一人で練習できるようになるまで、保護者さまのサポートが必須となります。

家事、育児、仕事で忙しい保護者さまに、ピアノの練習に付き合う時間も、確保してもらわなければなりません。

世のピアノの先生たちはピアノのプロフェッショナル。「そんなことは当たり前…」と内心思っているのかもしれません。

ピアノの先生と保護者さまとの間に、大きな「溝」が生まれてしまうのではないかと思います。

私自身、「親に練習しろ」などと言われたことはないくらい、自分から練習していました。ピアノが大好きだったからです。

けれど、娘が生まれ5歳になり、ピアノ教室に通い出してから、ピアノを練習させる大変さに直面しました。

娘は自主的にピアノを練習するタイプではなかったので、親子ゲンカが絶えませんでした。

「こんなに練習させるのが大変なら、ピアノなんて習わせたくない…」

保護者さまがこう思うのも無理はない…と痛感しました。

いつまでに、どれくらい弾けるようになってほしいですか?

先ほどの「毎日練習させないとダメですか」に対する答えは、理想は「YES」です。

けれどその前に、講師の立場から質問をさせていただきたいことがあります。

「お子様には、いつまでに、どれくらい弾けるようになってほしいですか?」

ピアノ講師をしていると、生徒さんの練習量から、だいたい「数年後は◯が弾けるようになる…」という予測ができます。(もちろん個人差があります)

仮に、小学1年生がピアノを習い始めて「エリーゼのために」が弾けるようにすることを、第一目標とします。

●毎日×1時間練習した場合

大体2〜3年で「バイエル」などの1シリーズの教本が終わり、「エリーゼのために」が弾けるようになるでしょう。

●週に3日〜4日×30分練習した場合

4〜5年程度で1シリーズの教本が終わり、「エリーゼのために」が弾けるようになるでしょう。ということは、小学4、5年生で弾けるということです。

ピアノは、毎日弾かなくても上達はしますただ、毎日弾いている子に比べると、成長曲線は、緩やかなものになります。

けれど、もし毎日弾いている子が、練習が窮屈になり、1年でピアノをやめてしまったら…

結局は、長く続けた方が上達する!

ピアノレッスンは、生徒さんの身体的、精神的成長に伴い、テクニックや理論なども、徐々に難易度を上げていくもの。

1年程度でレッスンをやめてしまっても、伝えられることは、ほんのわずかなのです。

だからこそ、お子様にはせめて5年くらいは続けてほしいなと願います。

最近はよく「ピアノを弾くと頭が良くなる」という本やデータが出回っており、ピアノが注目されています。

その一方で、子供の習い事ランキングでは「ピアノ」の順位が下がっているそうです。

その原因は「毎日練習させなければならない」という、保護者さまのプレッシャーにあるのかもしれません。

ピアノ講師は、保護者さまの負担を軽減しつつ、生徒さんが楽しく上達できるように、レッスンを進めていく必要があります

休まないで!レッスン自体に大きな意味があります!

最後に「ピアノの練習をしていないと、ピアノレッスンの意味はない」のでしょうか?

たしかに「練習したくなくて、もう1ヶ月も弾いていない」となると問題です。

とはいえ「練習していないからレッスンを休む」というのも問題があります。

幼い時は、体調が悪かったりイベントが多かったり。大きくなれば、クラブにテスト、受験や塾など。

長くピアノレッスンを続けていくと頻繁に「練習できない時」があるのです。

その都度ピアノレッスンを休んでいたら、だんだんピアノから、心が離れてしまいます。

私は、生徒さんが教室に来ること自体、とても大きな意味があると考えています。ピアノのレッスンは、マンツーマンだからです。

ピアノレッスンの継続年数は、平均するとだいたい5年〜10年。幼児期から思春期まで。

これほどの長い時間、一対一で生徒さんの成長を見守り、導き、励まし続ける習い事は、おそらく他にありません。

子どもは、ピアノレッスンを通じて

「自分は他人からも大切にされている」「自分はやればできる」ということを体感し、自己肯定感を高めるのです。

学校や家庭でちょっと嫌なことがあった日も、ピアノ教室が、自分を認めてくれる「居場所」となる。

生徒さんが、音楽的にも人間的にも成長していくことを目標に。ピアノが人生の支えとなるように…心を込めて、レッスンしています。

レッスンのお問い合わせはこちらからどうぞ