教室アンケートでわかった自宅でのピアノ練習問題

教室アンケートでわかった自宅でのピアノ練習問題

こんにちは!所沢市小手指のピアノ教室、宮本理恵です。

教室では年に一回、生徒の保護者さまにアンケート調査を行なっています。

日頃のピアノの練習に関するお悩みや、レッスンへのご要望を調査し、生徒さん×保護者さま×講師が同じ方向を向き、快適に音楽を楽しんでもらうために、アンケートは必要不可欠と考えています。

アンケートの中に「ピアノの練習の頻度と時間は、どのくらいですか?」という質問があります。

今回、教室アンケートを取ってみてつくづく「よかった!」と思いました。

「ほぼ毎日」「週3〜4回」「週1〜2回」「練習していない」さあ、結果は?

驚きのピアノ練習量!1番多かったのが「ほぼ毎日」

ピアノの練習頻度のアンケート、1番多かったのが「ほぼ毎日」

そしてなんと、ピアノdeクボタメソッドコースの生徒さんも「ほぼ毎日」!

これには正直、驚きました。ピアノdeクボタメソッドコースの生徒さんには、基本的に家での宿題は、出していないからです。

ここで、保護者さまから頂いた感想を一部ご紹介します。

いつも楽しく通っています。

自宅でも毎日、楽しそうに弾いています。

音楽を楽しんでいる姿を見るのが、一番嬉しいです。

小1の女の子の保護者さま

ピアノを弾くのが大好きで、毎日暇さえあれば弾いています。トータルで2時間くらい。

学校でもイメージトレーニングをしているそうです。

夢はピアニストだそうです。

「毎日ピアノを練習してください」と言わないレッスン

私はこれまで生徒さんに「毎日ピアノの練習をしてください」と義務づけたことはありません。

それはなぜか?

私が今までのピアノ人生で、一度も言われたことがないからです。

令和を生きる生徒さんには、他の習い事もあれば、学校やお友達同士のイベントもあります。

さらに、ご兄弟の多いご家庭や、共働きのご両親にとって、毎日ピアノの練習時間を確保するのは、至難の技。

毎日ピアノが弾けなくても、ポイントを掴んだ良い練習さえすれば、必ず上達する!

レッスンでは、生徒さんと「できたこと」「できていないこと」を共有し、ポイントを絞ってアドヴァイスします。

ピアノを弾くことを義務にしません。レッスンではひたすら、家でも自分から弾きたくなるような楽しい言葉がけや練習をしています

レッスンで弾いてみたら楽しかった、弾けるようになった

家でも弾いてみたくなる

弾きたいから弾く(義務ではなく自主的に)

ピアノが好きで、毎日ピアノを弾いている

大好きだから弾く!弾きたいから弾く!生徒さんにとってピアノは、「遊び」と同じ、自主的なものであってほしい。

私が何よりも「楽しいレッスン」を心がけているのは、この理由からです。

ハッとさせられた「保護者さまの声」

1番ハッとさせられたのは、Aちゃん(5歳)の保護者さまからのアンケートでした。

5歳のAちゃんの保護者さま

娘はとにかく先生が大好きで、レッスンが楽しいようです。

レッスンを通して、ピアノの上達よりも、先生との関わり方など、精神的な部分を伸ばしていってほしいと思います。

初めてAちゃんと会った体験レッスンでのこと。

他の教室に馴染めなかったAちゃんが、体験レッスンで笑顔を見せてくれて、保護者さまもとても喜んでくれていました。

今は、音楽を楽しんでくれたらそれでいい。

保護者さまの温かい気持ち。

なのに私は「賢くて器用なAちゃんならもっとできるだろう」と、いつの間にかグイグイ引っ張ったレッスンをしていた…

申し訳ないことをしました。今は、Aちゃんと保護者さまの期待に応えたい一心です。

一方、真逆のパターンも!

4歳と6歳のご兄妹の保護者さま

もっと上達させたいです。

ご兄妹のアンケート2枚分に、このコメントが!保護者さまの気持ちが、よく伝わってきました。

この生徒さんたちのご自宅にピアノはありません。いつも近所にお住まいの、祖父母のお家へ行って、ピアノを練習しているそう。練習頻度は週1〜2回

なかなかよいペースで上達していたので、私は勝手に「もっと弾いているのだろう」と思い込んでいました。

そして、「保護者さまもこのペースで満足しているのだろう」と勝手に思い込み、自宅にピアノがなくても困らない程度のペース配分で、レッスンを進めていました。

けれど、保護者さまが「もっと上達させたい」とお考えなら‥

アンケートにご協力していただくことにより、私も躊躇なく、練習頻度を増やすこと、ご自宅にピアノを置いてもらうことをお願いすることができました。

自宅でのピアノ練習問題は、レッスンを見直すことで解決できる

ピアノの上達は、生徒さん×保護者さま×講師の三位一体

講師が生徒さんと会えるのは、週一回、たったの30分。講師がサポートできる時間は微々たるもの。

生徒さんが音楽を一生ものにするためには、ご家庭内でも、音楽の時間をどれだけ取り入れてもらえるかが重要です。

家でピアノの練習をしない、ピアノの宿題が多い、好きな曲を弾かせてもらえない、練習時間を確保できない、子供に練習させるのが苦痛など、お困りごとはありませんか?

これらには必ず原因があるはずです。

特に幼児さんの場合、レッスン内容を見直すことで解決できることがあります。

ご家庭でのピアノの練習が、生徒さんにとっても保護者さまにとっても、常に楽しいものであってほしい。

みやもとピアノ教室では、アンケート調査をすることで、ピアノレッスンの在り方を日々見つめ直し、生徒さんだけでなく、ご家族全員で音楽を楽しんでもらえることを目指しています。

レッスン内容はこちらからどうぞ