絶対音感をわが子に身につけさせなかった理由

絶対音感をわが子に身につけさせなかった理由

「絶対音感」という言葉、聞いたことがありますか?

絶対音感とは

 ウィキペディアより

絶対音感(ぜったいおんかん、英語:Absolute pitch)は、ある音(純音および楽音)を単独に聴いたときに、その音の高さ(音高)を記憶に基づいて絶対的に認識する能力である。 狭義には、音高感と音名との対応付けが強く、ある楽音を聞いたときに即座に音名・階名表記を使用して表現できる能力である。 別名として「絶対的音感」「絶対的音高感」などがある。 相対的な音程で音の高さを認識する相対音感に対して、音高自体に対する直接的な認識力を「絶対音感」と呼ぶ。

具体的に言うと、例えば、いきなり聞こえてきた音(電車の踏切の音など、楽器以外の音も含む)が、ドレミに聞こえてくる音感のことを言います。

生まれつきこの音感を持っている人は、20万人に1人の割合だとか!

この能力は音楽家にとって憧れの能力です。聞いた音が即座にドレミでわかるのですから、音楽を聴いて、その場で楽譜を書く聴音のテストも簡単にできるでしょうし(音大入試では必須)、ドレミで聴こえるから記憶も正確。耳コピなんかも、楽にできるでしょう。

この絶対音感は、実は、もともと才能がある人だけのものではありません。

絶対音感が身につく臨界期(2歳〜6歳半ころ)に、毎日、繰り返し音を聴かせて認識させることで、誰もが身に付けることができるのです!

しかし、この臨界期を逃してしまうと、残念ながら身につきません。

絶対音感が身についている人は、身についていない人よりIQが高いというデータもあり、非常に魅力的な能力であることは間違いありません。

私には絶対音感がありません。

ですが、幼い時からピアノが好きでよくピアノで遊んでいました。自分のレッスンの前、他の子が弾いている曲を聴き、家に帰ってよく真似して弾いていました。こうしているうちに自然に身についた、絶対音感とも相対音感ともいえぬ曖昧な音感で、なんとかこうして、音楽を生業にすることができました。

しかし思い起こせば、音大受験や講師のグレードテストで聴音のテストがあり、大変苦労してきました。

もし自分に絶対音感があったなら、どれほど音楽の幅が広がっただろう‥‥娘には、絶対音感を身につけさせたい」とずっと考えていました。そして、私も絶対音感を指導できるようになりたいと。

やがて娘が2歳になり、江口式絶対音感プログラムで有名な、「一音会」の体験レッスンを受けに行きました。

「一音会」は、「江口式絶対音感プログラム」を確立して世界的に有名になった教室。

今や世界的なピアニストとなった反田恭平さんや、藤田真央さんも、一音会で絶対音感を身につけています。

このプログラムを確立した、故 江口寿子先生の著書は、多数出版されており、子供への愛にあふれた江口先生の教育理念は、本当に素晴らしい!私の目指すピアノ教室の、原点でもあります。

そして、実際に娘と受けた、一音会での体験レッスン。

「リトミック」と「絶対音感」二つがセットになっていました。その内容は、江口寿子先生の教育理念に基づいた、子供の目線に立った、優しさあふれるカリキュラムでした!

けれど、どうしても引っかかることがありました。

それは、家庭への負担レッスンだけでなく、毎日家庭で5回は、ピアノの音を聞かせて、子供にドレミの旗で答えさせるのです。

中には、この練習が苦にならないという保護者の方もいると思います。

けれど、2歳児といえば一般的にイヤイヤ期、真っ只中。この魔の2歳児に、毎日5回以上、音を聴かせ、何色の音だったか旗で答えさせなければならない。

音楽を生業にしている私ですら、負担に感じます。これがもし、フルタイムで働いてるママだったら、兄弟の多いご家庭だったら‥

しかも、絶対音感が身につくまでの期間は、人によって違い、一旦身についたあとも継続しないと、音感がなくなってしまうこともあるそうです。

さらに、ここまで継続してがんばってきても、絶対音感は必ずしも身につくものではないそうです

身につかなかった場合は、相対音感を強化していくそうですが、相対音感だったら大人でも身につけられます。

相対音感だったら「6歳半までと」いう切迫感がなく、その子のペースに合わせることができるのではないか‥

もう一つ引っかかったのは、絶対音感が身につくまで、一定の期間、移調して聴かせないでほしいという話でした

たとえば、カエルのうたを♫ドレミファミレドで始めたら、♫ソラシドシラソで聴かせないでほしいということです。けれど、私の家にはピアノがありますし、どうしても、他の調を聴かせてしまう環境にありました。

それに、私がレッスンしているリトミック。

リトミックの創始者ダルクローズのソルフェージュは、相対音感に力を入れた、バリバリの相対音感教育法なのです。

ちなみに、一音会のリトミックの体験レッスンでは、ハ長調のみのピアノ即興でした。

たまたまそうだったのかもしれませんが、これはおそらく、相対音感が、絶対音感より先に身につかないよう、配慮しているのではと感じました。

こうして、紆余曲折して‥

私は相対音感を選び、娘を、近くのリトミック教室に通わせることにしました

現在、娘は7歳。相対音感が身についているのか、ソルフェージュがとても得意です。

ピアニストにさせたい、音大に行かせたい、音楽家に育てたい。このように確固たる目標があるのでしたら、私は断然、絶対音感をおすすめいたします。

みやもとピアノ教室では、絶対音感教育はしていません。

なぜなら、日頃から家事育児、お仕事に人付き合い‥がんばっているママたちに、これ以上負担をかけたくない。

かけがえのない幼少期は、お子様と一緒にリラックスして、楽しくて幸せな思い出をたくさん作ってほしい。その一心なのです。

みやもとピアノ教室は、親子が、音楽を楽しめることを大切にしています。

詳しいコースの内容は、こちらからご覧ください。