ピアノ教室に通うなら、家のピアノは電子ピアノ?キーボード?

ピアノ教室に通うなら、家のピアノは電子ピアノ?キーボード?

こんにちは!「みやもとピアノ教室」の宮本理恵です。

今日は、わが子にピアノを習わせたい保護者さま、すでにピアノを習わせている保護者さま、必見!

「家ではどんなピアノを用意したらいいの?」という疑問について、ピアノ講師の立場からお答えします。

 今は、音量が調節できる低価格の電子ピアノが主流です。

アップライトピアノ(縦型のアコースティックピアノ)は少数派となりました。

けれど指導する側の人間としてお願いできるのであれば、もちろんアコースティックピアノをお勧めいたします!

どうしてアコースティックピアノがいいの?

アップライト(縦長のアコースティックピアノ)と電子ピアノ、どちらがいいですか?と聞かれたら、おそらくピアノ講師のほとんどが、アコースティックピアノをお勧めするはずです。

アコースティックピアノで練習している生徒さんは

電子ピアノの生徒さんよりスムーズに上達する

●指や腕のフォームがよく、粒のそろった和音や、キレのよいスタッカートなど音楽表現がよくできる

●電子ピアノの生徒さんより、レッスンを長く続けている

●一旦レッスンをやめても、また再開して、ピアノを楽しんでいる

総じて、ピアノの本来の音色や魅力をより深く、感覚的に理解し、表現することができている印象です。

ピアノが大好きになり、家でもたくさん弾くようになります。ピアノの上達につながり、本人とってピアノが「なくてはならない存在」になるのでしょう。

さらに、アコースティックピアノは寿命が長いので、メンテナンスをしていれば、買い替えしなくてすみます。親子2代、3代に渡って使うケースも多いです。

さらに、本当にいらなくなった時も、国産ピアノは海外で大人気ですから、下取りしてもらえます!

電子ピアノだといけないの?

電子ピアノだといけないのかというと、もちろんそんなことはありません。

電子ピアノなら、マンションでも置けますし、音量を調節できるので夜中でも弾けますし、低価格というメリットがあります。

けれど、演奏上はどうしても、デメリットが発生しがちです。具体的にどんな点で困るかというと

●指や手首のフォームが下がりやすく、アコースティックピアノで弾いた時、きれいな音が出せない。

●鍵盤の抵抗、倍音、ペダルの重み、音量など、微妙な差を感じることができない

打鍵後の、鍵盤のはねかえりが鈍いので、スタッカートの曲や、テンポの速い曲が弾きにくい

今の電子ピアノは、美しいサンプリング音源で、アコースティックと同じ88鍵、ペダルも付いています。

見た目はアコースティックピアノと大差ないようですが、人間の感覚はとても鋭いもの。

普段から電子ピアノに慣れ過ぎてしまうと、アコースティックピアノとの差に驚き、負荷がかかるのです。

ピアノのその違いをわかりやすく表現してみるとアコースティックピアノは「本物の花」電子ピアノは「造花」。遠目では差はないのですが、近くで見ると、みずみずしさや華やかさ、香りが違う。

「毛筆」と「筆ペン」という表現もできます。毛筆は、力強さ、かすれ、毛の動きまで、あらゆる表現ができます。これが筆ペンですと、トメ、ハネ、ハライはできても、力強さでは明らかに、毛筆に劣ってしまいます。

そして、なんと言っても電子ピアノは、家電と同じで寿命が短い!

長年電子ピアノを使っていると、鍵盤が凹んでカタカタと雑音がする、というケースをよく聞きます。

「電子ピアノが壊れちゃったし、買い替えももったいないし、このままレッスンもやめてしまおう」なんて悲しいケースだけは絶対に避けてほしい!

ピアノを指導する立場としては、自宅で電子ピアノを弾いている生徒さんに対しては、まずこのピアノの違いを理解してもらうことが重要です。

電子ピアノを購入するなら、これだけは守ってほしい!

電子ピアノをご購入するのなら、88鍵の鍵盤があること、ペダルが付いていることを条件にしましょう。

ペダルがピアノと一体化されていないものは、不安定なのでお勧めできません。

練習する際は、なるべく生のピアノと同じ形態になるよう「音量を小さくしすぎない」「ヘッドフォンで練習しない」ことを心がけるとよいでしょう。

最近は特に、スマホ+ヘッドフォン使いすぎで、聴覚に良くない影響が出ていることが問題となっています。

 発表会などの本番前には、レンタルスタジオや、駅ピアノなど、ぜひアコースティックピアノで練習する機会を作りましょう。

ピアノの本質的な違いを、指で、耳で、心で、肌で感じることが大切です。

どんな場所、どんなピアノでも、自分自身がそのピアノと環境に合わせ、対応していけるように、自己をコントロールしていきましょう。

ピアノに合わせ弾くこと。これは、アマチュア、プロ問わず、ピアノを弾く人にとっての宿命です。

キーボードは、弾く「前の段階」で問題が!

私はこれまでに、キーボード(卓上に置いて弾くようなもの)で練習されている生徒さんもレッスンしてきましたが、長く続けてくれた生徒さんは、お一人だけでした。

ピアノを習う目的が「音符を読めるようにしてほしい」「簡単な曲を弾けるようにしたい」ということであれば、キーボードでもいいと思います。

けれど、未来のある幼い生徒さんには、キーボードはおすすめできません。

なぜかというと、まず「キーボードを机に置いて弾く」という作業が一人ではできません。

まず机を片付けなければならないですし、キーボードは重いですし、幼児さんの意志だけでは練習の習慣化はしずらいです。

以前、床にキーボードを置いて寝そべって弾いている、という幼児さんがいました。

弾きたいのに、いつもキーボードが片付けられてしまい、その上に物が置かれて練習できない、という生徒さんもいました。

キーボードで練習するのであれば

いつでもよい姿勢で弾けるように、キーボード専用の台を置いておく

ちょうど良い高さの椅子を用意する

この2点はぜひ守っていただきたいと思います。

正しい鉛筆の持ち方があるように、習字に、正しい姿勢があるように。ピアノを弾く姿勢というのも、とても大切な要素です。

お願いしたいのは、ピアノを弾く環境づくり

Aちゃんは、数年前に引越ししてきた生徒さんですが、ある日、衝撃の事実が発覚しました。

引越しの際、電子ピアノを解体したらしく、ずっとペダルが壊れていて、効かなかったそう。

Aちゃんはずっと遠慮していたらしく、ご両親にも私にも、ずっと言えなかったようです。ペダルを使う曲は、イメージで踏んでいたそう。(妹さんが私に教えてくれたことでこの事実が発覚しました)

これを知った私は、保護者さまに

「ペダルが使えるようになれば、きっとこれからもピアノを続けてくれるでしょう。でも今のままだと、おそらく長続きはしないです。どうかペダルの修理か、購入をご検討いただけませんか。」とお願いしました。

保護者さまはすぐに対応してくださり、ペダルを修理してくれました。

そんなAちゃんは、今「エリーゼのために」を弾いています。妹さんも「流れるようなきれいな曲が好き」と言って、ペダルを使った曲を好んで弾いています。

生徒さんの保護者さまにお願いしたいこと、それは「ピアノを弾く環境」を整えてあげること。

習いはじめは、まだキーボードでいいと思っても、子供の成長は猛スピードで進んでいきます。

いつのまにか「ママあっち行ってて」と言い出し、ピアノのスキルはどんどん身についていきます。そして、思春期になると、本当の気持ちを言わなくなってしまいます。

その時に大切なのは「環境」です。ピアノの環境さえと整っていれば、あとは自分の力で、自分らしい音楽を、追求していけるのです。

楽しいレッスンで、音楽を一生ものに!

みやもとピアノ教室の詳しいコース内容はこちらからどうぞ!