ピアノdeクボタメソッド認定試験、合格しました!

ピアノdeクボタメソッド認定試験、合格しました!

こんにちは!「みやもとピアノ教室」の宮本理恵です。

ピアノで賢い脳を育てる「ピアノdeクボタメソッド」認定試験、無事に合格しました!

「ピアノdeクボタメソッド」とは何かというと‥

脳が発達する2歳から5歳の時期に、ピアノを使って脳の前頭前野を鍛え、頭のよい子を育てるという、画期的なメソッドです。

ピアノが弾けて、頭が良くなる、ということ!

脳科学の世界的権威、久保田競先生と久保田カヨ子先生が開発した、幼児の脳を育てるための「クボタメソッド」という、有名な育脳メソッドがあります。

「ピアノdeクボタメソッド」は、この「クボタメソッド」をベースにして生まれた育脳ピアノレッスンです。

脳を育てることが目的ですので、ピアノを弾けるようにすることが目的ではありませんが、集中力や記憶力がつくことで、結果的に、ピアノの上達につながるのです。

今回は、メールでの合格通知でした。うれしいコメントをいただけました。

今回、ピアノdeクボタメソッドの講習を受講して実感したことがあります。それは

「やってみせ 言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ」という、元海軍指揮官の山本五十六さんの有名な格言。

ピアノのレッスンはまさにこれ!言葉でただ伝えるのではなく、まずこちらがやってみせなければいけない。

そして、実際デキはどうであれ、やったら褒める!そうしないと、人は動かないのです。

ピアノdeクボタメソッドのレッスンを具体的に

ピアノdeクボタメソッドは、まず、先生が簡単なメロディーを弾いて見せます。

この「見せ方」が重要で、幼児さんの後ろに立ち、幼児さんの視覚を意識してピアノを弾いてみせます。

そして、一人一人の発達段階に合わせた難易度であることも、とても重要です。

難しすぎるとすぐイヤになってしまうのです。はじめは一音だけからスタートします。

幼児さんは講師の指の動きを、自分の手の動きのように一時的に記憶します。

生徒さんの成長段階に合わせて、このあと少し時間をあけてもいい。時間をあけることで、敢えて脳に負荷をかけ、脳を鍛えます。

そして、先生と同じ指づかいでピアノを弾きます。

成長段階によっては強弱やスタッカートなど、細部まで再現させます。

生徒さんが一回でできなくても「違う」とか「ダメ」というような否定的な言葉は使いません。

「あれ、先生と同じかな?」と言いながら、何度かチャレンジさせます。自分で考え、正しい道を導き出させます。

そして、できたら思いっきり褒める!

人は褒められることで、脳内にドーパミンが分泌され「快感」を感じ、さらなる「やる気」を引き出すのです。

これは、子育てする上でも非常に大切です。

ピアノdeクボタメソッドコース、開講!

みやもとピアノ教室は、2021年4月からピアノdeクボタメソッドコースを開講します。所沢市内でピアノdeクボタメソッド認定教室はここだけ!

脳の神経回路が増える、2歳から5歳の幼児さんが対象です。

小学校や幼稚園のお受験用のメソッドではありませんが、集中力、記憶力、思考力、語学力、国語力が身につき、きちんとお話を聞ける子に育ちます。

しかも、週一回のレッスンだけでいいので、基本的に家での練習や宿題はありません。

みやもとピアノ教室では、このピアノdeクボタメソッドに、リトミックを加えることで、音感、リズム感も身につけさせます。

脳が大きくなる2歳〜5歳は、聴覚、運動感覚も発達する時期でもあります。このチャンスをどうか逃さないでほしい!

ピアノdeクボタメソッドコースの詳しい内容は、こちらからどうぞ!

ピアノdeクボタメソッドコース