大人のピアノレッスン再開!「中級の壁」をのりこえよう!

大人のピアノレッスン再開!「中級の壁」をのりこえよう!

こんにちは!

所沢市小手指南のピアノ教室「みやもとピアノ教室」の、宮本理恵です。

最近、コロナ禍の自粛の影響もあり、ピアノを再開される大人の方が増えてきていて、本当にうれしく思います!

「子供の頃に、少し習っていました」というピアノ経験者の方は、いざレッスンとなると「全然指が動かなくて」「楽譜が読めなくて」とおっしゃいます。

しかし実際、弾き出してみると、身体が自然に反応して、動き出します。そして、姿勢も美しい!

これは、小さい頃に身につけたピアノのスキルが、何十年経ったあとでも、ちゃんと身についている証拠です。

皆さん、「嫌々ピアノをやっていました」「まじめに弾いてませんでした」などとおっしゃるのですが、幼い頃にピアノを習っていたという経験は、実は本当に幸せなこと。せっかく身につけたこのピアノのスキル、そのままにしておくのはもったいない!

レッスンを再開される方のレベルは人それぞれですが

楽譜を読むこと

正しい指づかいで弾くこと

拍子に乗ること

これらの基礎が、しっかり身についている‥と感じます。

レベルで言うと、ソナチネレベルでしょうか。

そして、弾いてみたい憧れの曲をご本人にうかがうと、ショパンの「ノクターン」だったり、ドビュッシーの「アラベスク」だったり‥

実は、ソナチネレベルから、これらの「憧れの曲」へと挑戦するには、大きな「中級の壁」が存在します。

これまで弾いてきた曲と、弾きたい曲の、作られた時代が違うのです

時代が違うと、何が違うか?それは、ピアノ自体が改良され、進化したのです!

軽やかなタッチから、抵抗感のあるタッチになり、音の質が変わり、鍵盤数が増え、ペダルが付き、音量の幅が拡がりました。

よって作曲家も、改良されたピアノに合わせて作曲していきました。

音域が広がり、ペダル指示や音楽表現、強弱の指示など、より細かく書かれるようになっていったのです。

だからこそ、バイエルからソナチネを弾いてきた方が、いざショパンやドビュッシーの楽譜を見ると、楽譜にある、複雑でごちゃごちゃした表記に、驚くのではないでしょうか?

レベルアップするためには、時代背景を踏まえ、新たな心持ちで始める必要があります。

これぞ、中級の壁!そして、レベルアップの証!

ソナチネまでの経験者が感じる、中級の壁とは

ソナチネ経験者の方が、大人になって初めて、ロマン派以降の作品(ショパンやドビュッシー)にチャレンジする、と想定します。

いったいどんなことで、「壁」を感じるのでしょうか?

①調号

バイエルやソナチネでは、付いてても2〜3個だったシャープやフラットが、4〜5個は当たり前!この壁をのりこえるためには、音階練習で、さまざまな調に慣れていくしかありません。

「ハノンピアノ教本」を使って、まずは24調の音階をマスターしましょう。24調もありますが、パターンが決まっているので、そこまで大変ではありません。

逆に、この24調、全てをマスターすれば、もう、シャープやフラットに惑わされることはないのです!

②左手の伴奏

ソナチネは、基本の和音で、ドソミソ‥とかドミソドミソ‥というように、伴奏パターンが決まっているものが多かったはず。

ロマン派以降は、和音の種類が増えて、非常に複雑になります。

音域が広がり、左手の伴奏も右手のメロディーも、あちこちに跳躍します。

流れるようなアルペジオ(分散和音)も多くなります。

ただ、これは、曲をたくさんこなしていくと、作曲家の好きな和音や、伴奏パターンが掴めてくるようになります。ここまで来れば、もう上級の域!

③リズムの複雑化

拍子に乗って、リズムもきっちりとわかりやすく作曲されていたソナチネ。

ロマン派以降はどうなるかというと、たとえば1拍の中に、右手が4連符、左手が3連符というように、リズムが曖昧で掴みにくくなります。

これを克服するには

①お手本を聴いて、正しいリズムのイメージをしっかりと持つこと

②自分の演奏を、録画したり録音したりして、客観的に聴くこと

②メトロノームを使った機械的な反復練習

頭で考えながら弾くと、不自然なリズムになってしまいます。まずはたくさん演奏を聴いて、音楽のイメージをしっかりと持ちましょう。

④テンポ感

ソナチネは、テンポを揺らして弾く指示など、めったにありませんでした。

ところがロマン派、印象派の作品は、全てメトロノームに合わせて仕上げてしまうと、逆に不自然でおかしな曲になります。

やりすぎはよくないのですが、テンポ・ルバート(自由に)が大切です。

ただしルバートしすぎると、ただの自己満足の演奏になってしまいます。これを防ぐためには、常に自分の演奏を録音して、客観的に聴いてみましょう。

⑤楽譜の指示の多様化

ロマン派以降は、曲想の指示である楽語が、ドイツ語だったりフランス語だったりしますが、これはインターネットで調べられるので解決できます。

もう一つ、アクセントやスラー、テヌート、メゾスタッカートなど、音楽表現の指示が多くなり、ゴチャゴチャした楽譜になっています。

ここは忠実に、楽譜の指示を守って弾きましょう!

作曲家がどうしてこの記号を付けたのか?記号には一つ一つ、意味があります。

具体的に、どんな音を要求されているのか?元気な音、悲しい音、重い音?一音一音、想像しながら音楽を作り上げていきましょう!

⑥最大の難関は、ペダル!

ソナチネまでのご経験ですと、ペダルはあまり使わなかった、という方が多いかもしれません。

ペダルを使ってこそ、ピアノの音色の美しさが最大限に発揮されます。

だからこそ、たとえ遊び弾きであっても、幼い時からペダルを使った響きを感じてほしい、と思います。

ペダルに関しては、指導が難しいところです。なぜなら、明確に「ここで踏んでここで放す!」と言い切れないからです。

もちろん楽譜には、ペダルを踏む記号、放す記号(※マーク)がついていますが、この表記が、実に曖昧で、楽譜によっても全然違う!

もともと楽譜は、何百年も前に手書きで書かれたものを、校正したものです。コピーなんてない時代ですから、原譜を書き写す際のミスもあったでしょう。

しかも、当時のピアノを使用して作曲されているのですから、現代のピアノとは、残響が異なります。

さらに、どんなテンポで、音量で弾くかによっても、ペダルの踏み方は違ってきます。

少し踏むのか、半分くらい踏むのか、思いっきり踏むのか‥ペダル自体のコントロールは、楽譜に書いていません。それほどにペダルは、非常に繊細で、感覚的なテクニックなのです。

強いて言うなら「ペダルは、耳で踏む」

曖昧な表現ですが、どの音を響かせたいのか、美しいかどうかを、常に自分の耳で確認しながら踏みましょう。

難しく考えずに、美しい響きを見つけるために、まずはペダルを使ってみましょう!

もちろん、音が濁ることもありますが、タイミングよく踏めた時は、「あ、きれいに踏めた!」と実感できます。自ら奏でた豊かな響きに、きっと感動するはずです。

今こそ、憧れの曲にチャレンジ!

今こそ、憧れの曲に、チャレンジしませんか?

限られた時間の中で、弾きたかった憧れの曲を、いかに効率的に、理論的に自分のものにしていくか‥

大人のピアノは、子供の頃のような、感覚に頼った練習とは違い、一から構築していく楽しさがあります。

音楽の世界がますます広がり、より深く、ピアノを楽しんでもらえるはずです。

「エリーゼのために」から再開した生徒さんは、「きらきら星変奏曲」「悲愴ソナタ」「子犬のワルツ」「ノクターン」など、憧れの曲をどんどん弾けるようになっています。また、子供の頃、クラシックばかりで嫌だった‥という方は、今、米津玄師のヒット曲を弾いています。

ピアノの上達への近道。それは、誰かに聴いてもらうこと!

みやもとピアノ教室、大人のピアノレッスンは、月2回30分で、振替に対応いたします。

大人のピアノコース詳細は、こちらからどうぞ。