ピアノ教室、いつまで続けたらいい?レッスンのやめ時

ピアノ教室、いつまで続けたらいい?レッスンのやめ時

こんにちは!宮本理恵です。

コロナ禍により、繰り返される緊急事態宣言。

その影響で、ピアノを再開する人が増えて、電子ピアノはいまだに品薄状態なんだそうです!

一方で、去年のコロナ禍による休講から、そのままピアノ教室をやめてしまった、という人もたくさんいるのではないでしょうか?

今日は、いつかはやってくる「ピアノレッスンのやめ時」について、書こうと思います。

中1、中3、そして小4の壁

生徒さんがピアノ教室をやめるタイミングとして多いのは、中学校、高校、大学などの、進学のタイミングです。

細かく時期を見てみると

部活やテスト勉強が忙しくなる、中1の春

部活を乗り換えたとしても、高校受験のため、勉強に集中する、中3の夏

それともう一つのタイミングは、中学受験で塾が本格的になる、小3の2月!

けれど、中学受験のためにやめる生徒さんは、受験が終わると、ピアノを再開するケースも多いです。

中学受験を終えれば、しばらく受験がないので、比較的、ゆとりを持ってピアノを楽しんでいる印象です。

この三つの壁は、生徒さんの大切な進路に関わることなので、仕方のないこと。

ピアノを教える立場としては、この三つの壁の前までに、ピアノを弾くための基礎を、ある程度、身につけさせなければなりません。

生徒さんの成長に合わせ、さじ加減を変えながらも、計画的にレッスンを進める必要があります。

幼児期、小学校低学年というケースも

まれですが、幼児期にピアノ教室をやめてしまった‥というケースも聞きます。

これは正直、早すぎるなと感じます。

本当に音楽を好きになるのは、たくさんの感動体験をしてからこそ。

やめる理由も人それぞれだと思いますが、ピアノに向いている、向いてないの判断は、幼児期ではまだできないと思うのです。

もちろん、幼児さんは正直ですから「レッスンに行きたくない」と言うこともあるでしょう。

でも、行きたくない理由は「面倒くさい」「もっと遊びたい」「眠い‥」というような理由ではないでしょうか。

ピアノ教室に入って楽しく過ごしているようでしたら、保護者さまもぐっと我慢して、うまく乗り越えてほしいなと思います。

ただ、教室に着いても楽しそうではなく、ずっと「行きたくない」と言う場合。

幼児さんは感覚で生きていますから、言葉では伝えにくいような、抵抗感があるのかもしれません。

そういう場合は、気分を変えて、他の教室の体験レッスンを受けてみるのも良いと思います。

たとえ教室が変わっても、どうかピアノは続けさせてほしいと思います。

小学校低学年でやめてしまったケースも、もちろんよく聞きます。

多くはありませんが、私にも、この時期にやめた生徒さんがいます。

自らの力不足を感じ、後悔でいっぱいでした。これまでのレッスンについて振り返り、反省しました。

この時期にやめる理由として多いのは、「練習しないからやめる」「向いてないからやめる」という理由です。

でも、「やめる」と判断する前に、保護者さまにもう一度、考えてほしいことがあります。

発表会に参加しましたか?

ピアノのレッスンを休みがちではないですか?

ご自宅にピアノはありますか?キーボードではないですか?

保護者さまがどれだけ本気でピアノを習わせたいのかも、生徒さん本人に、大きく影響しています。

子供が本気にならないからやめさせる‥という前に。保護者さまにお願いしたいのは、なによりも「環境づくり」です。

思春期、ピアノの存在意義が変わっていく

小学校高学年から中学生くらいまでの思春期は、反抗的になる生徒さんも出てきて、レッスンがスムーズにいかないこともあります。

ですが、ここまで続けてきた生徒さんにとって、ピアノが弾けるということが、本人のアイデンティティにつながります。

「〇〇さんと言えばピアノ」

ピアノが「自分らしさを表現する手段」となり、自信につながり、なくてはならない存在となるのです。

受験や塾で忙しくなり、お金もかかる時期ですが、ご本人が「やめる」と言うまでは、どうか細くても長く続けてほしい。

たとえレッスンをやめたとしても、中学、高校までピアノを弾いていた人は、大人になってから再開するケースが多いです。

伸びざかりの時期にピアノ続けていたので、しっかり基礎が身についています。

だから、ピアノを再開しても、すぐに思い出すことができます。

このスキルは、ピアノを続けてきた自分の成果であり、長い間習わせてくれた、保護者さまからの贈り物なのです。

良い時も大変な時も、一生ピアノと共に

幼少期からもう20年近くレッスンを受けている生徒さんもいます。

生徒さんの成長に合わせ、これまでのレッスンの内容も曲も、様変わりしてきました。

コンクールや発表会にチャレンジした小学校時代。

レッスンを休みがちだった中学時代は、練習のいらない初見(初めて見た楽譜を、最後まで止まらずに弾く練習)トレーニングを、たくさんやりました。

高校時代はバンドにのめり込んで、ヴォイストレーニングやピアノのコード伴奏を練習しました。

そして、大学受験時も、レッスンに来て、過去に弾いた曲などを弾いて、ピアノを楽しんでいました。

社会人になった今は「彼氏ができました」とプライベートのことも話してくれます。

ピアノ教室は、ピアノを習いにいくところですが、良い時も、大変な時も生徒さんにとって「安心できる居場所」でありたいと思います。

私はピアノの先生ですが、時には母として、友達として、先輩として。

生徒さんが必要としてくれる限り、生徒さんのサポーターとして、これからも応援し続けたいと思います。

みやもとピアノ教室、詳しいレッスンコースの内容はこちらからどうぞ!