親が自分の子にピアノを教えない方がいい理由

親が自分の子にピアノを教えない方がいい理由 

こんにちは!みやもとピアノ教室の宮本理恵です。 

先日、会社員時代の後輩と久しぶりに会った際、とても気になる話を聞きました。

「娘が音楽の授業で困らないように、楽譜を読めるようにと思って、私がピアノを教えてみました。自分の使っていた楽譜で教えたんですが、全然読めないんです。私はもっとよくできたのに…」

子供の頃、ピアノを習っていた保護者さまが、自分の子にピアノを教える、というこのケース。

レッスンにいらっしゃる生徒さんの保護者さまからも、同じような話をよく聞きます。

「子供にピアノを教えてみたけれど、全然できなくて。うちの子は向いてないんでしょうか?」

どうしてうまくいかないのでしょう? 先程の後輩の話から、もう3つ理由が考えられます。

教材が合っていない

後輩が使ってみたという教材。もしも後輩のピアノ先生も幼い頃に使っていた教材だったとしたら…

半世紀以上前の教材です!令和を生きる子供には、合いません。

「この教材なら使ったことあるから‥」という理由で選ぶのではなく、その子の成長段階に合った教材を選ばなければ!

たとえば同じ4歳だとしても、ひらがなや数字が読める子、似顔絵が上手に描ける子もいれば、そうでない子もいます。

数字の読めない子に「指番号3って書いてあるでしょ」と言ってもわからない。

まず、手には右と左があり、指には番号があることを理解させる。その子の成長段階や理解度を一つ一つ確認し、その子に合った教材を選ぶことが重要なのです。

そのためには、今はたくさんの教材が販売されていますので、教材を研究する必要があります。

ただなんとなく選んでしまうと、身長100センチの子供に、120サイズの服を着せてしまうかもしれません。その逆もしかりです。

親が当時の自分と比較してしまう

次に良くないのが、保護者さまが「自分の方がもっとよくできた」「私の方が練習していた」などと、当時の自分と比較してしまうこと。

果たしてこれは、本当なのでしょうか?子供の頃の記憶だけで判断してはいけません。

子供というのは自己肯定感のかたまりです。生徒さんもよく「上手に弾けるようになった!」と言って、自信満々でレッスンに来ます。

しかし実際に弾かせてみると、遅くなったり速くなったり、ミスに気づいていなかったり…そりゃもうまだまだです。

(もちろん「ホントだ!前回より上手になったね!」と褒めてから本題に入りますが‥)

当時子供だった自分の「上手に弾けた」という記憶。大人からすれば「まだまだ」だったのかもしれません。

だから、安易にわが子がピアノに向いているかどうかを、判断してはいけないと思うのです。

親は当時、その道のプロに習っていた

ここが一番の違いなのですが、保護者さまは当時、その道のプロである「ピアノの先生」に教えてもらっていたはず。

ピアノの先生は、生徒さん一人一人の成長段階や理解度、技量を見極めながらさじ加減を変え、誰よりも生徒さんの上達を信じ、日々のレッスンを進めています。指導法を勉強しているのです。

指導者なら誰でも実感しているはずですが、ピアノの指導は「ピアノが弾けるから教えられる」というような、一筋縄ではいかないのです。

親が自分の子にピアノを教えるのなら‥

もしも保護者さまが、自分の子にピアノを一から教えるのなら‥

どうか夢を持って、短期間で見誤ったり諦めたりせず、憧れの曲が弾けるまでは、わが子を信じ、応援してほしい!

そして何よりもお願いしたいこと。

ピアノが弾けることが、どれほど素晴らしいことか。

ピアノを通じて学べることの偉大さ、感動を伝えて、お子様と音楽の楽しさを共有してほしい…と願います。

所沢市小手指南の「みやもとピアノ教室」は、ただ今無料体験レッスン受付中!

今日も楽しいレッスンで、音楽を一生ものに!

みやもとピアノ教室の無料体験レッスンは無料体験レッスンからお申し込みください。