ピアノの先生が選んだ電子ピアノ、こだわりのポイント!

ピアノの先生が選んだ電子ピアノ、こだわりのポイント!

こんにちは!宮本理恵です。

この秋、ピアノ教室近くのレンタルスペースで、リトミック教室を開くことになりました!

会場は2階、ピアノは無し。

ということで、自力で持ち運べて、簡単に設置できる電子ピアノを購入することにしました!

さっそく楽器店へ行き、店員さんに相談すると、決定的な指摘を受けました。

「キーボードと電子ピアノの違いを、ご存知ですか?」

「キーボードは、鍵盤が軽いタッチで鍵盤数も少ないもの。電子ピアノは、音色もタッチも本物のピアノに近いもの」

なんだそうです。

恥ずかしながら、卓上に置けるものがキーボードかと思っていました。

今は、卓上におけるコンパクトな電子ピアノが、たくさん販売されています!

電子ピアノも20年でこんなに進化した!

電子ピアノを購入するのは、人生で2回目。

1回目は20年以上前。社会人一年目、アパート暮らしだったため、Rolandの電子ピアノを20万円ほどで購入しました。

20年以上前の電子ピアノ

電子ピアノですから、引っ越しの際も、それほど困ることはありませんでした。

購入から10年経つと、鍵盤が凹んでしまいましたが、リズム伴奏機能が便利なので、グランドピアノを購入したあとも使っていました。

けれど、ピアノ教室のスペース確保のため、3年前にやむなく処分しました。

そして今回購入したのが【カシオ PXーS3100

椅子やスタンドは別料金で、7万円代でした!

以前購入した電子ピアノとほぼ同じ機能がついて、7万円台!しかもコンパクトで、軽量!

この20年で、電子ピアノもここまで進化しました!

ここだけは譲れなかった、電子ピアノこだわりのポイント

ピアノ講師である私が、電子ピアノ購入の際、どうしても譲れなかったポイントをご紹介します!

①一人で持ち運べる

この電子ピアノは、とてもスリムで、持ち運べる!

しかも、スタンドが別なので、使わない時は、グランドピアノの下にしまうことができます!

ちょっと重いですが、一人でも、階段を使って二階へ運ぶこともできます。

②タッチや音色が本物のピアノに近い

実際に、ピアノの音色でモーツァルトを弾いてみました。

なんと!リアルのピアノを弾くよりも美しく聴こえる!コンサートグランドピアノの美しいサンプリング音源です!

でも、ここで注意が必要です!

電子ピアノに耳が慣れすぎてしまうと、本物のピアノを弾く際、本物ならではの、感覚的な微調整ができない…ということになりかねません。

電子ピアノに慣れすぎてしまわないよう、生のピアノとのバランス感覚を保つことが大切です。

③音色数が豊富である

他社の電子ピアノで同じ価格帯だと、音色数はだいたい、10〜50程度のものが多いのですが…

このカシオPXーS3100は、内蔵された音色数が700!

もちろん、ピアノの音しか使わないから…というのであればこんなに必要はないのですが。

ヴァイオリンやチェロ、ギターやサックス、マリンバやオルゴールなど、さまざまな音色で楽しめたら、音楽がさらに楽しくなります!

たとえば、オルゴールの音色で、クリスマスソングを弾いたり。

ジャズがお好きなら、左手はウッドベース、右手がサックスというように、音色を高低で分けることもできます。

さらに、リズム伴奏機能を使えば、一人でジャズバンド演奏も可能です!

④リズム伴奏が付けられる

実は、最もほしかったのが、このリズム伴奏機能。

エレクトーンなどの電子オルガンを弾いてきた方ならきっとおなじみの、あのリズム伴奏機能です!

ピアノを指導していると、ワルツ、スウィング、マーチ、ポルカ、サンバなど、世界中のさまざまな音楽が出てきます。

レッスン中に「このリズムは…」と言葉で説明したところで、幼い子供たちには、ほとんど伝わらないでしょう。

リズム伴奏機能を使えば、マーチもワルツも、リズムにのってピアノ演奏ができます。特に、メトロノームが苦手な生徒さんにはピッタリ!

きっと大喜びしてテンポを合わせてくれるはず!

娘がリズム伴奏付きで弾いてみました

アコースティックピアノも電子ピアノも、共存する時代

今や、ピアノを弾く人の半数以上は、電子ピアノを使用しているのではないでしょうか。

本物のアコースティックピアノが、完成された芸術作品であることは、揺るがない事実ですが…

本物のピアノを一生所有し続けるためには、たくさんのハードルがある、というのもまた事実です

アコースティックピアノは高騰し続けています。

マンションには置けないですし、床の補強も、調律もしなければなりません。

移動するにも費用がかかり、階段があるとクレーンまで稼働する必要があります。もちろん夜中には弾けません。

「ピアノを習う」ハードルを低くしてくれたのは、間違いなく、電子ピアノの存在

だからこそ、アコースティックピアノも、電子ピアノも。

バランスよく上手に活用し、共存し合って。これからもピアノを楽しむ人が、さらに増えていけばいいなと思います。

みやもとピアノ教室、詳しいレッスン内容はこちらからどうぞ