カワイこどもピアノコンクール結果発表!コロナ禍のレッスンを振り返る

カワイこどもピアノコンクール結果発表!コロナ禍のレッスンを振り返る

2020年のカワイこどもピアノコンクール地区予選が終了。

カワイ音楽教室のホームページ上で、審査結果が発表されました。

参加された生徒の皆様、当日までの練習、そして本番も、本当によくがんばりましたね!まずは心から、拍手を贈ります!

振り返ってみると、この一年は、本当にコロナに振り回されました。

前回、うたのコンクール予選で見事に入賞した生徒さんは、4月の本選に向けて、曲を決めてがんばっていました。しかし、まさかのコロナ第一派。本選は、延期、からの、中止。

そして、自粛からのレッスン再開後、感染対策のために、積極的には、歌を取り入れませんでした。

結局、歌でコンクールにチャレンジする生徒さんは、いませんでした。

コロナ第二波。

今度は生徒さんの学校内でコロナ感染者が出てしまい、しばらくレッスンができませんでした。コンクールの申し込み間近なのに!これには焦りました。

ピアノコースで参加した生徒さんは、ご自宅では電子ピアノで練習しています。

例年ですと、本番前にレンタルピアノを借りてもらうなどして、なるべくアコースティックピアノで練習してもらっていました。
(本番は、大きなホールで、大きなグランドピアノですから、ご自宅の電子ピアノに慣れすぎてしまうと、よくないのです)
けれど今年は、コロナ禍。そんなお願いは到底できませんでした。

それでも生徒さんは全力を出し切りました

コロナ渦にも負けず。生徒さんは皆、全力を出し切りました!

「もしも、もう一回本番のチャンスがあったら、弾く?」と聞いても「もういい!」と言うでしょう!本番で最高のパフォーマンスができたのですから、どうか堂々と胸を張ってほしいと思います!

初出場のAちゃんは、1回目にして良い賞をいただけました!

初めてなのに、よくがんばりました!

Aちゃんの音色は太くてしっかりした音色。実は、他に合う曲がなかったのですが、当日、この曲を弾いたのはもう一人だけ。どうやら選曲が良かったようです。

コンクールの選曲は、実はとても重要であり、勝敗を左右します。時間をかけて、慎重に、そして戦略的に選びたいところです。

小3の生徒さんお二人は、コンクール5回目のチャレンジでした!

ステージでの立ち振る舞いも堂々としていて、さすがでした。

が、審査結果は去年よりも一つランクが下がってしまいました。今回からBコース(小3、小4)になったので、ぐっとレベルが高くなりました。

参加したお二人とも、身長は高くないので、ペダルを使用する曲を避けましたが、コンクール後半の小4の生徒さんたちの美しい音色、音量、そしてペダリングは見事でした。

今回のコロナ渦でのコンクール。例年にはない、たくさんのことを学ばせていただきました。その中で最も大切なことは、どんな状況であっても、決して諦めず、一度決めたことは、最後まで貫くこと。

すでに生徒さんから、「来年はもっとがんばりたい」という嬉しいお言葉をいただいています。

今回の参加者お一人お一人、新しい課題が見えてきました。

コンクールに継続して参加することで、音楽的にも人間的にも、ますます成長することができます!

また初心にかえって、生徒さんと共に、美しい音、楽しい音楽を、追求していこうと思います!

生徒の皆さん、感動をありがとう!